【山登りの服装】登山初心者の方必見!冬の低山ハイクのオススメの服装は?

とーる
こんにちは。とーるです!

山登りで冬の低山って意外とオススメの季節なんです。

夏の低山は暑すぎてミスト風呂のよう。そして虫も多かったりします。

でも冬の低山は虫も少なくて心地のいい汗がほんのりでてくるくらい。

静かな山をのんびり楽しめる冬の低山ハイクはやっぱり最高です。

ということで今日は冬の低山ハイクのオススメの服装について紹介しますーー♪

冬の低山ハイクのオススメの服装は?

山の服の基本は暑すぎないように。寒すぎないように重ね着で調整することです。

そして汗をかかないように。肌をなるべく濡らさないようにすること。


体温調節ができるように薄手のウェアで重ね着をするのがいいです。これをレイヤリングなんて呼んでいます。

とーる
厚手の生地の物を1着では調整しにくいですよね。

脱いだら寒い。着たら暑いし。。。

基本的な重ね着はざっくり言って下記の3層構造です。

  • 雨や風を防いでくれるアウター
  • 体温の調整をするミドルレイヤー
  • 汗を吸収したり、体の表面をドライに保つベースレイヤー
今回は冬の六甲山を想定して。。どんな服装で行けばいいか例えばをご紹介していきますね。

何を着ていけばいいの?▲冬の低山ハイク編▲

冬場に六甲山へ山登りするなら僕ならこんな感じのレイヤリングをチョイスします。でもね、行程や天候、個人差もあるので一概には言えません。

暑いこともあればめちゃくちゃ寒いこともあります。山登りの荷物って「保険」と一緒だと思うんです。

いざっていうときのために持っていく。備えておく。

この時期は急に寒くなったり、雪が降ることもあるので、「保険」は少し多め。特に保温するウェアやグッズは是非とも持って行っておきたいところです。

一番下に着るモノ(ベースレイヤー)

最初の写真でいえば1と2です。

メリノウールのベースは体に沿うようにピタってしてるのでそれが恥ずかしい方は1のTシャツなんかと合わせてもいいですね。

そして寒がりさんはメリノウールのタイツもオススメ。

多くの方がアウターとかが大切っ!って言うんですけど、個人的には一番下に着るモノが一番大切って思ってます。

何事も基礎が大切。

ここがしっかりしてないと、どんなに良いアウターを着ていても効果は半減。

ベースレイヤーの一番のシゴトは身体をドライに保つこと。それとこの季節だったら気温も低いので体温を保つってのも重要なこと。

気温差の多いこの季節の一番下に着るのはメリノウールがオススメです。




フリースなどのあったかいの。(ミドルレイヤー)

写真でいうと4です。

歩いているときは着ないかもしれないけど、休憩するときなどは必要になるのがミドルレイヤーです。今回はフリースにしましたが、ここはバリエーションがいっぱいです。

かさばるけど通気性のいいフリースは休憩時だけでなく、寒いときの行動着としても重宝します。

僕も愛用中のフーディニのアウトライトフーディ。詳しくはこちらの記事をどうぞ。

【HOUDINI outright houdi(フーディニ アウトライトフーディ―)】山でも街でもハマる!楽ちんで丈夫な魔法の着心地フリースの個人的レビュー

休憩の時間を多くとるなら、やっぱりわたものがオススメ。ダウンなら小さくなって保温力も抜群。化繊わたは洗濯もできるので便利です。


下半身の冷えにはこんなアイテムもありますよ。

どんな山に行ってどんな感じで遊ぶか。このミドルで色々調整するのがいいですね。

レインウェアなど(アウター)

写真でいうと5です。

完全防水、完全防風。つまり外の過酷な環境から体を守ってくれるのがアウターです。レインウェア―とか、ハードシェルです。

山登りのアウターは保温性があるわけでないです。保温してくれるのはさっきご紹介したミドルレイヤーです。

アウターは素材やタイプによって大きく値段が変わってきます。



パンツ

通年使えるパンツに先ほど紹介したウールのタイツなんかがいいかもね。もちろん、短パン+タイツっていうのもあり。



意外と大事なあったか小物たち

写真でいえば、7のアームカバー。9のネックウォーマー、6の靴下。


着るものももちろん大切なんだけど、小物たちってめっちゃ大切だったりします。先日も書いたけど、首、手首、足首を冷やさないようにするだけで寒さの感じ方ってまるで違う。



マフラーを巻くと暖かいでしょ?首を暖めると体感温度3~4℃ほど違うようです。

参考:あったか小物で3つの首を暖めて寒さ対策!

そして汗をかくような場所へ行く方はやっぱり首には手ぬぐいもオススメです。

参考:【CHAORASの手ぬぐい】紫外線カット率〇〇%!スポーツ手ぬぐいは日焼け防止にも!

そして体の体幹を暖めてくれるメリノウールの腹巻は超絶オススメ。

【オリジナルメリノウール腹巻(今は完売)】ツライ冷えとおさらば!快適な毎日のためのお守りハラマキ

冬の低山ハイクのオススメの服装 まとめ

ただ、こんなブログ書いてて何ですけど、レイヤリングって人によっても個人差があったり、天候や運動量によっても暑すぎたり寒すぎたりってこと、しばしば(笑)

だからね。◯◯山へいつ行くのか。そして暑がりさんなのか、寒がりさんなのかによってもオススメって変わってきます。

気になる方はお気軽に言ってくださいね。着るもので何度も失敗してきたりしてるので、その経験が少しでも生かせればなーなんて思ってます^_^

低山ハイク 冬の服装 例

ベースレイヤー(肌着)
・半袖速乾Tシャツ
薄手のメリノウール長袖

ミドルレイヤー(中間着)
薄手のフリース
・中綿

アウター
レインウェア

パンツ
中厚のトレッキングパンツ
・薄手のメリノウールタイツ

小物
メリノウールネックウォーマー
アームウォーマー
・メリノウール腹巻
ウール靴下

どんな服装を選んだらいいかわからない方は実店舗で店員さんに聞くのもいいですね。三ノ宮にはアウトドアショップが色々とありますので服装の雰囲気がわかりますよ。

参考:神戸三宮の徒歩1時間で回れる?!おすすめのアウトドアショップ

悩んでる人
登山を今後も続けていくかわからない。

いきなり最初っから全部の装備を揃えるのは金銭的にも大変・・・。

そんな方は登山道具をレンタルしてみるのもいいかもしれません。

悪天や体調不良などでのキャンセルも全額返金OKで安心です。

【初心者向け】山登りには何を着ていく?六甲山登山の季節別の服装のオススメ

【街でも着れるアウトドアウェア】山だけじゃもったいない。山登り好きな僕の普段着。~冬編~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。