夏~秋の低山ハイクではどんな服装がいいの?【六甲山登山・元アウトドアショップ店員がオススメする夏~秋の服装】

とーる
こんにちは、とーる(@torumegane)です。

暑いと思ったら急に寒くなったりするのが夏~秋の低山。

なので夏~秋の登山の服装は脱いだり着たりできる服装がいいです。

汗だくのときもあれば、凍えるようなときもあるのが秋。

どちらでも対応できるようしっかりと準備していこう。

今日は10月の初めに六甲山系を歩いた時の元アウトドアショップ店員の個人的な服装を紹介します。

その時の山歩きの様子はこちらを。

【初心者オススメ六甲山】『水に癒される沢ルート』(崩落のため迂回路あり)谷上~森林植物園~トゥエンティクロス~新神戸

夏~秋の低山ハイクの服装と主な装備


夏~秋の服装オススメ例

上:

  • 速乾Tシャツ
  • 速乾Tシャツ+薄手のロンT

下:

  • 短パン
  • 薄手のロングパンツ


  • ☆寒くなったらレインウェアをはおる
    ☆休憩時、寒かったら薄手のフリースをはおるetc

実際の例

2021年10月1日、天気くもり、神戸市の気温、最高27度、最低22度。

ときおり吹き抜ける風は涼しいけど、登りでは汗が噴き出る。

リュックを背負っている背中は汗で濡れる。額からも汗がでる。

休憩の時は汗は引いて涼しい風。寒さを感じるほどではなく休憩時も何かを羽織ることはない。。

そんな感じです。

低山である六甲山は夏はとにかく暑いです。

熱中症にならないように涼しい服装で行くのが吉です。

アウター、ミドルウェア(保温着)、ベースレイヤーの3層構造が登山の服装の基本ですが、夏に限ってはベースレイヤー1枚(TシャツやロンT)のみで歩くことが多いかと。

ベースレイヤー


夏から秋はとにかく暑い。

速乾性のTシャツやロンTでいきましょ。

ズボン

夏は薄手の長ズボンや短パンでいきます。

短パンは足上げもよく涼しいのでオススメですが、肌がみえているのでケガや虫刺されなどになどには注意が必要です。

とはいえ僕は夏場は短パンで行っちゃいます。

パタゴニアのバギーズショーツはシンプルなデザインで色違いで欲しくなる短パンです。

すそは短めなので足上げもいいです。

参考:【Patagoni baggies shorts レビュー】パタゴニアバギーズショーツをオススメする5つの理由

ミドルレイヤー

日帰りの真夏の六甲山では使う場面は少ないですが、秋になると天気の急変などはよくあることです。軽めの保温着は持っていきましょう。

フリースやウインドシェル、ソフトシェル、ボタンシャツなどを季節や天気に合わせて持っていきましょう。

アウター(レインウェア)

アウターとしてレインウェアは必ず持っていくようにしておきます。

レインウェアは雨の日はもちろんですが、防風性能もあるので保温着としても使えます。

足元は?


登山初心者の方は安心感のあるミドルカットくらいのトレッキングシューズがオススメです。

例えばこんな感じの。

詳しいレビューはこちらの記事で。

KEEN NXIS EVO MID WP(キーン ネクシス エヴォ ミッド ウォータープルーフ) を登山初心者にオススメする4つの理由

KEEN NXIS EVO MID WP(キーン ネクシス エヴォ ミッド ウォータープルーフ) を登山初心者にオススメする4つの理由

慣れている方ならローカットでもOK!

ただ足首まではサポートしてくれないので長距離を歩いたり不整地ではぐねりやすくなるので注意が必要です。

とはいえやっぱり軽くて歩きやすいです♪

足元はスカルパのイグアナというローカットのシューズを履いていきました。街用のスニーカーとはちょっと違います。とっても軽くてソールはしっかり。軽めのハイキングにいい感じです♪

スカルパのイグアナの詳しいレビュー記事はこちらです↓

【アプローチシューズ】わたしに合う靴がないーー!そんなあなたにはぜひ靴難民の救世主を!SCARPA IGUANA (スカルパ イグアナ)

そして縁の下の力持ちのインソール。僕はSUPERfeetを使うようになって長い距離を歩いても疲れにくくなりました。

夏の必需品?手ぬぐい

これは個人的なオススメ。

滝汗必死な夏の登山には汗をしっかり拭きとれる手ぬぐいを是非。

首元にはCHAORAS(チャオラス)のスポーツ手ぬぐいを。

コットンとバンブーレーヨンの混紡。汗の乾きが早いし、柔らかい肌触りが病みつきです。


CHAORAS(チャオラス)のスポーツ手ぬぐいについてはこちらの記事をどうぞ↓

伝統を大切にしながら新しいことに挑戦している手ぬぐいブランドCHAORAS

帽子

夏の山の直射日光はハンパない。。

日差しを守るには必需品です。頭の保護のためにも。

僕はキャップを好んでかぶっていますが、もちろんハットでもOK!

むしろハットの方が紫外線をしっかりカットしてくれます。

速乾性のものが使いやすいけど、好きなものをかぶってます。

とーる
最近のお気に入りはハロコモディティのキャップたち。

オシャレで機能的なので山だけでなく普段にもいい感じです。


リュック

六甲山登山では30L前後のリュックが使いやすいです。

とーる
僕が愛用しているのがRawlow mountain worksのBambi。容量は26L 。

フィット感があって背負ってる荷物が軽く感じますっ!

普通のリュックだと背面長がきちんとあってないとしっくりきませんが、Rawlow mountain worksのバックパックは上半身に重さが乗るように設定されているので、どんな人にも合わせやすいのが特徴。

イメージとして腰に重さが乗っかるのではなく胸と背中の広い部分でもつイメージ(個人的感覚です)とっても背負いやすく、デザイン的にも山だけでなく普段も使えるようなスタイルなのでおすすめです。

虫よけ関連

夏には虫がいっぱい。虫よけで快適に登山しましょ。

虫よけでオススメなのがこのパーフェクトポーション

虫が嫌いなオイルが配合されていて、そして赤ちゃんでも使えるほどの低刺激。お肌に優しいいい香りのするアウトドアボディスプレーです♪

そしておにやんま君もおすすめ♪

殺虫剤・忌避剤を使用しない世界初の虫除けグッズです。

それはあたかも田んぼで害鳥から守ってくれる案山子のよう。

虫たちが恐れるオニヤンマを山登りのおともにしよう。

夏~秋の低山ハイクの服装 まとめ

今回は汗が噴き出るような暑い日だったけど、秋は気温差が大きい季節。

暑くても寒くても対応できるような服装を準備しましょうね。

夏~秋の服装オススメ例

上:

  • 速乾Tシャツ
  • 速乾Tシャツ+薄手のロンT

下:

  • 短パン
  • 薄手のロングパンツ


  • ☆寒くなったらレインウェアをはおる
    ☆休憩時、寒かったら薄手のフリースをはおるetc

どんな服装を選んだらいいかわからない方は実店舗で店員さんに聞くのもいいですね。三ノ宮にはアウトドアショップが色々とありますので服装の雰囲気がわかりますよ。

参考:神戸三宮の徒歩1時間で回れる?!おすすめのアウトドアショップ

悩んでる人
登山を今後も続けていくかわからない。

いきなり最初っから全部の装備を揃えるのは金銭的にも大変・・・。

そんな方は登山道具をレンタルしてみるのもいいかもしれません。

悪天や体調不良などでのキャンセルも全額返金OKで安心です。

お出かけの前にその場所の気候はチェックしておきましょ。