【Patagoni baggies shorts レビュー】パタゴニアバギーズショーツをオススメする5つの理由

とーる
こんにちは、とーる(@gachi1127)です。

元アウトドアショップ店員なので新作が出る度に色々試してきましたが、去年くらいからこの一枚ばっかり履いている自分に気が付きました・・・

それが、、、

パタゴニアのバギーズショーツです。

大人気であるが故、街でも山でもかぶることがあります。でもやっぱり定番は強いですね。

今日は夏になると大活躍するパタゴニアのバギーズショーツをオススメする5つの理由をレビューを交えてお話ししますね♪

パタゴニア バギーズショーツがオススメの5つの理由

夏になると毎日でも履きたくなるのがパタゴニアバギーズショーツです。

パタゴニアバギーズショーツをオススメする5つの理由が下記のとおりです。

  • 山でも街でも川でも旅行でも・・どこでも使える万能ショーツ
  • 流行りすたりのない普遍的なデザイン
  • 丈夫で長持ち
  • とにかく楽ちん
  • 豊富なカラーバリエーション

ではひとつずつみていきましょう。

山でも街でも川でも旅行でも・・どこでも使える万能ショーツ


1人4役?!

いや、それ以上??

バギーズショーツは、山でも街でも川でも旅行でも・・どこでも使えるマルチユースなのが本当に嬉しいです。

デザイン的に野暮ったさがないので山だけでなく街着としてもハマります。

超軽いとかめっちゃストレッチするとか、そんな尖がった特徴はないのですが、とにかく万能。使用用途の広さがピカイチです。

デザインはシンプルですが機能的にはなかなかのこだわりが。

メッシュライナーがついているので水着としても使えます。

川遊びしてそのまま山登りしてみたり、街におりてきたり。

水陸両用短パンなんです!

ポケットはメッシュ仕様なので水がたまることなくしっかりと排水してくれます。

水着にもなる短パンなので当たり前ですが、乾きも早いです。

洗濯してもすぐに乾くので毎日のように履けますね♪

さらに、とっても軽いのも魅力。実際に計ってみると、スマホ(iphoneX カバー付き)で232g、バギーズショーツはSサイズで189g

旅行に持っていくのもイイ感じ。軽いし小さくコンパクトになるしね♪

流行りすたりのない普遍的なデザイン

パタゴニアバギーズショーツは1982年にリリースされてから2022年現在で、なんと40年も販売され続けているモンスターショーツです。

元アウトドアショップ店員の目線でいえば、そこまで長いこと変わらず愛されるっていうことはほんとすごいことです。

どちらからといえば、デザインを変えたり最新の素材に変えたりしながらブランドとしてユーザーさんに飽きさせずに喜んでもらう。。というものが多かったので、少しずつアップデートしながらこれまで長いこと変わらないデザインってほんと強いと思います。

流行りやすたりなどを気にせずにずっと履ける普遍的なデザイン。

王道中の王道、ど定番!

これからも流行りに左右されることなくずっと履き続けられるって嬉しいですよね。

丈夫で長持ち

とにかく丈夫でタフです。

素材がリサイクルナイロン100%で生地厚が4.5オンス。

短パンとしては厚すぎず薄すぎないちょうどいい感じの厚み。

アウトドア用品に使われる素材の中でもナイロンは丈夫な部類に入ります。

ストレッチ素材のポリウレタンなどが入っていないことで経年劣化をすることもありません。

シンプルな構造のモノって強いんです。

とにかく楽ちん


とにかく楽ちんなのでついつい手に取ってしまいますw

ウエストはゴムで楽ちん、ドローコードがついているのでサイズ調整も可能です。

丈も長すぎず短すぎずいい塩梅。

足上げもイイ感じで突っ張りません。

豊富なカラーバリエーション

出典:パタゴニア神戸

毎年10色以上のカラーが販売されています。

ブラックやネイビーなどの定番色から派手なモノや柄物など自分の好みに合わせて選ぶことができます。

定番色を何色かそろえたら変わった色にも挑戦して楽しみたいですね。

パタゴニア バギーズショーツの個人的に気になるところ

めちゃくちゃ愛用しているパタゴニアバギーズショーツですが、個人的にちょっと気になっているところが以下のことです。

・ポケットが深くモノをいれるとゆっさゆっさする。
・人とか被ることが多い。

ポケットが深いのはたくさんモノを入れることができるので人によってはメリットですが、走ったリするときはかなり揺れるので走りにくいです。

ガッツリ走ったりするときはポケットにモノを入れない方がいいですね。

それと大人気のロングセラー商品なので人とカブることが多いです。

逆に言えばそれだけ信用のある商品という事の裏返しでもあるんですけどね。

パタゴニア バギーズショーツの口コミ

2022.05.15
生まれかわりました
素材が海洋に放棄された漁網を回収しリサイクルされたナイロンということで、よりパタゴニアらしくなったバギーズに生まれかわりました。 素材感はすこし硬くなった印象ですが、気にならないほどです。 169センチ55キロXSサイズです。

2022.05.09
モデルチェンジ
昨年のものより生地が厚くなりました。履きこむまでは ごわつく感じがしそうです。178-65kでMにしてます。

2022.04.28
相変わらず良い
前モデルに比べて、やや地厚になったのですが、ほぼほぼ同じ実感、着用感で使いやすさは相変わらず良いです。 175.75キロでゆったり履きたいので、Lを選びました。カラーはGPIWのイエローで、そこまで鮮やかではなく、落ち着いた色合い。 夏の定番が、さらに環境に優しくリニューアルされ、これまでのバギーズファンの方にも是非履いてほしい1着です。

2022.03.09
167.5cm 58.0kg xs (dark ash)
ジャスト狙いであればxsがいいと思います。 普段着、登山用ですので、ウェアが枝などに引っかからないためにもジャストしか選びません。 xsだからと言って動きにくさはありませんが、ヨガ等のストレッチ等は不向きかもしれません。 流行りのオーバーサイズで有れば、7インチのsがちょうどよかったです。 今年のカラーがどうしても欲しくなり、また購入してしまいました。とても良い色です!ストックまでも購入、、、 買って損はしない商品です。

引用:パタゴニア公式

パタゴニア バギーズショーツのサイズ感

バギーズショーツはUSサイズなのでワンサイズ下げるくらいでいいかと。

身長167cm、体重58kgでSサイズを着用しています。ややゆったりめ。

ジャストに合わせるならXSサイズです。

お店で試着するのが一番ですが、パタゴニア公式ホームページでは身長や体重を入力するとオススメのサイズを教えてくれます。

たとえば僕の場合、
XSサイズが69%、Sサイズが64%の確立だそうです。今まで購入した方のデータをもとに算出しているようです。

パタゴニア バギーズショーツの基本スペック

【概要】
速乾性を備え水の中でも外でも着用できる頑丈な多機能型ショーツ。リサイクルされた漁網を使用し海洋プラスチック汚染の削減に貢献する、ネットプラス・ポストコンシューマーリサイクル・ナイロン100%素材を使用。フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用

【特長】
調節可能なウエスト:内側にドローコードが付いた伸縮性ウエストバンド。速乾性を備えた黒のメッシュのライナー付き

ポケット:両脇の縦型ポケットは水中での抵抗を抑えるデザインで、裏地の角に施したメッシュにより水はけがよく乾きが速い。ヒップにかさばらないスナップ留めフラップ付きポケットが1つ

この製品を製造する工場の従業員を支援:工場の従業員にプレミアム賃金が支払われるフェアトレード・サーティファイドの縫製を採用

原産国:ニカラグア製

重さ:204 g (7.2 oz)
素材:リサイクルされた漁網を使用し海洋プラスチック汚染の削減に貢献する、4.9オンス・4プライ・ネットプラス・ポストコンシューマーリサイクル・ナイロン100%のファイユ。PFCフリーDWR加工(過フッ素化合物不使用の耐久性撥水コーティング)済み。フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用

引用:パタゴニア公式

パタゴニアバギーズショーツがオススメの5つの理由 まとめ


夏になると毎日のように履きたくなるのがバギーズショーツ。

パタゴニアバギーズショーツをオススメする5つの理由が下記のとおりです。

  • 山でも街でも川でも旅行でも・・どこでも使える万能ショーツ
  • 流行りすたりのない普遍的なデザイン
  • 丈夫で長持ち
  • とにかく楽ちん
  • 豊富なカラーバリエーション

色々な短パンを選ぶことなく、最近はバギーズショーツ一択です。

あまりモノを持ちたくないミニマリストの方にもオススメですね。

値段も良心的なので何色も欲しくなっちゃいますね♪