元アウトドアショップ店員がオススメする寒さ対策バッチリな冬キャンプの服装【キャンプ初心者必見】

とーる
こんにちは、とーる(@gachi1127)です。

日本には季節があります。それぞれの季節で色々な楽しみ方ができるキャンプ。

そんな中でも個人的に好きなのが冬キャンプ。

人は少ないし虫も少ないし空気は澄んでいるし♪

でも当たり前ですがめちゃくちゃ寒いんです。

冬キャンプでは服装がとっても大切。

寒さがツラすぎてキャンプどころじゃなかったーーなんてことにならないように、元アウトドアショップ店員の僕が冬キャンプの服装について紹介しますねーー。

冬キャンプの服装

冬キャンプの服装で一番大切なのは重ね着です。

日中は太陽が出ていて優しい太陽がポカポカ。子どもと一緒だったら大自然の中で駆けずり回ったり動き回るかもしれません。

そんなときは汗をかきすぎないようにやや薄手に。。

一方で朝晩はめちゃくちゃ冷えます。口から白い息がほわー――っとでるくらい。鼻から白い息が出るくらいの時も。

朝晩は運動量も減るのでとにもかくにも保温重視。

そんな感じで体温調整ができるように脱ぎ着できるよう重ね着できるように服装を準備しましょ。

ではでは細かく見ていきましょ。

ベースレイヤー(下着)

個人的に一番重要だと思っているのがベースレイヤーです。

ベースレイヤーの主な仕事はとにかく肌を濡らさないように保つこと。暑い時は蒸散、寒い時はムダに体温を逃がさないようにする。

何事も基礎が大切。

冬キャンプのベースレイヤーは保温性があって吸湿速乾性のある機能性のある素材がオススメ。

運動量のある日中なら速乾性重視のポリエステルなどの素材がイイかも。寒がりさんはメリノウールでもOK!

僕の場合は化繊のTシャツ+化繊のロンTや薄手のボタンシャツなどを着ることが多いです。

朝晩はかなり冷えるし寝る時も冷えるので断然メリノウールのベースレイヤーがオススメです。


僕の場合はメリノウールのベース(長袖)+スゥエットや厚手のボタンシャツなどを着ることが多いです。

ミドルレイヤー(中間着)

ベースレイヤーの上に羽織るのはミドルレイヤー(中間着)です。

ミドルレイヤーの主な仕事は保温です。

ミドルレイヤーは大きく分けると2つ。フリースなどに代表される行動着とダウンなどの保温着です。

フリースなどは体を保温しながらも暑くなりすぎないように通気性もあるので動く時に。

ダウンやわたものはとにかく体の熱を逃がさないように温めてくれるので行動量の少ないときに。

そのときのシチュエーションによってミドルレイヤーを調整します。

日中ポカポカしてたら脱いでおくし、肌寒かったらフリースを着たり、朝晩冷えていたら化繊のわたものやダウンなどを着こんだりします。

お出かけするキャンプ場の気温をある程度想定してどんな中間着を持っていくか調整します。

とーる
僕だったら日中の気温が14℃、朝晩は2℃くらいまで下がるというようなシチュエーションだったらフリースとわたものの2着を持っていきます。

その時の気温によって片方だけ着る、両方着る、どちらも脱いでおく。など4種類のバリエーションができます♪



魔法の着心地でめちゃくちゃ暖かいHOUDINI(フーディニ)のパワーフーディーについては、こちらの記事をご覧くださいね

【魔法の着心地フリース HOUDINI Power houdi(パワーフーディー)】一度試してほしい、ウワサの病みつきフリース


アウター(上着)

アウターは風、雨や雪などの外気から体をまもるウェアのこと。

雨が降りそうだったり風が強そうなときはゴアテックスなどの完全防水防風のレインウェやハードシェルを用意します。

僕がアウターで一番愛用しているのがノローナのコットンアノラック。

冬キャンプでは焚き火をすることが多いですよね。レインウェやダウンなどの化繊のウェアは火に弱いです。火の粉がとんできて穴をあけてしまうこともあります。

その点コットン(綿)は火に強くそして丈夫です。キャンプのアウターにとってもオススメです。

\オシャレなアウトドア用品の通販なら/

【公式サイト】Outdoor Style サンデーマウンテン

パンツ

パンツは登山にも通ずるようなストレッチ性のある中厚のパンツがおすすめです。

その下にメリノウールのタイツを仕込んでおきましょ。そこまで運動量がなければユニクロのヒートテックでもOKです。(ヒートテックは運動量があるときは暑くなりやすく、のちのちに汗が冷えて寒くなったりします。)

上半身が温かくても下半身がおろそかだとめちゃくちゃ寒く感じます。(失敗談アリ)

毛布を持って行ったりダウンパンツなどを用意するなど下半身を冷やさないようにしましょうね。

ワークマンプラスで購入したダウンパンツ。イイ感じでしたよ。

靴下

足元はメリノウールの靴下をぜひ。寒さは足元からやってきます・・・

子どもの服装は?

子どもたちは大人よりも運動量が多いです。汗もかきやすく体温も高い。

なので大人よりも少し薄手の服装を。

日中はロンTと半袖の肌着、それに薄手のウインドブレイカーやフリースなど。

朝晩や寝る時は運動量も減るので温かい恰好で。

ユニクロのヒートテック(薄手)+ロンT+スゥエット+フリース+ダウン

など。

冬キャンオススメのあったか小物

小物が意外と大切。

3つの首と言われる『首』、『手首』、『足首』を冷やさないようにするとイイです。

首にはマフラーやネックウォーマーを。個人的には薄くても温かいメリノウールのネックウォーマーがおすすめ。持ち運びもラクですし。

手首にはアームウォーマーを。指が使えるので便利。

足首にはメリノウールの靴下、そして寒がりさんはレッグウォーマーなどを。

それと体の体幹を温めることも大切。メリノウールの腹巻きがおすすめです。

とーる
僕が愛用しているメリノウール腹巻はモンベルのものです。

冬キャンプ 服装 まとめ

冬場のシーズンオフのキャンプは人も少ないし空気も澄んでいる・・。虫もいないし意外や意外キャンプにオススメの季節です。

冬キャンプの服装では重ね着で体温調整して体を冷やさず温めることが重要です。

服装にちょっとだけ気を使ってステキな冬キャンプを楽しみましょ♪

\オシャレなアウトドア用品の通販なら/

【公式サイト】Outdoor Style サンデーマウンテン