メリノウールの靴下が普段使いにもオススメな3つの理由

とーる
僕らアウトドアをやっている人たちの間では結構当たり前なんだけど、
メリノウールの靴下が普段使いにも調子がいい!
っていうのはあまり知られてない事なんですね・・・。

ということで山をやっている人だけでなく
普段使いにもオススメってことを山ヤ目線で書いていこうと思います!

こんにちは、とーるです!

メリノウールの靴下が普段使いにもオススメな3つの理由

①一日履いても臭くなりにくい。

メリノウールは天然の防臭効果、抗菌効果があるので匂いがつきにくいです。
山登りでは荷物はなるべく少なくいきたいので靴下も何日か履き続けることが
あったりしますが結構大丈夫です。(いやー、そりゃ3日も履き続けたら多少は臭くなりますけど(笑))
これはとってもありがたい機能です。

これは本当にわかりやすい機能です。コットンや化繊の靴下を履いた時とウールの靴下を1日中履いた後、ぜひ臭いをかいでみて下さい。もうこれだけで説明はいらないと思います(笑)

②夏涼しく冬暖かい。

暖かいってのはイメージしやすいですけど、夏涼しいってのはよくわかんないかもしれませんね。
気温が低い時は自分の熱を繊維にため込み暖かく感じます。
そして汗をかいても冷やしません。
暑い時は繊維に移った汗を、気体状にして繊維の外へ放出(除湿)します。このときメリノウールは体から熱を奪い、体を冷やす働きをします。
羊さんは動物なので人間と同じように羊毛を使って体温調整を上手にしているんです。

夏は暑くなるんじゃないのーーって店頭ではよく言われましたがこれも試してほしいです。薄手のウールの靴下があるので変にじわっとベタベタする感覚がなくってさらっとしていますよ♪

③乾きが早くて清潔。

山でコットンの靴下をはくと汗が渇かず、濡れて皮膚が柔らかくなり
靴ずれをしたり、はたまた冷えて足がつめたくなったりします。寒さも感じやすいです。
そしてずっとジメジメ濡れているので雑菌も繁殖しやすい。
乾きの早いウールの靴下は洗濯しても渇くのが早いのでその点も嬉しいですね!

山やっている人はもちろんのこと、山登りをしてない人にも
是非とも伝えたい快適アイテムのひとつ、それがウールの靴下です!


ウール靴下のデメリットとして値段が高い(だいたい2000円~4000円くらい)とか天然素材なので虫食いなどの心配がある、耐久性にやや不安・・などはありますがそれを上回るメリットがたくさんです。

それと耐久性を気にするようでしたら、ナイロンやポリエステルなどの化学繊維と混紡の物がオススメ。これらはとっても丈夫です。

ウール靴下を履いたみなさんの感想

https://twitter.com/20xx_h/status/916608126224277504
まさにっ!


シルクって渋いですね!

https://twitter.com/hiran0214/status/916688575869075456
そしてこんな嬉しいお話もーーー!

https://twitter.com/tnk51canmore/status/917042154400124937
そしてカナダのガイドの田中さん。嬉しいリツイート。
冷え女子なゆきえさんにシェアしてくれました!


ステキな情報!ありがとうございます!
そうですね、たしかに「しもやけ」にもいいです!


そした冷え女子のゆきえさん。早速ゲットしてる―――!
ステキです!


そして気になってウールの靴下のこと色々聞いてみたら
やっぱり知らない人が多いんじゃないかと・・
北海道に住んでいる方にはほんまオススメなんだけどな。
室内と外の気温差が激しいだろうからそういった環境にも
対応できるのがウールのすごさ!

https://twitter.com/hiloyuki0175912/status/917514343968681985
ツイッターの投稿で人が動いたりすることもあるんだなーって。
良い出会いがありますように。


経験されたことから具体的なシチュエーションの提案。
確かにーーー!気づかない場所にもウールの靴下はオススメだなーって。

https://twitter.com/marmeleiro_/status/917622856657149953
寒暖差があるときはウールはホンマ良いです!

まとめ

実際に僕もアウトドアショップで働く機会がなかったら全く知らない事でした。アウトドアのアイテムはとっても機能的。そこで出会ったのがメリノウール。これが本当に素敵な素材。

夏は涼しく冬は暖かい。
足元も臭くならない。
すぐ乾く。

山ではもちろんのこと、普段の生活でも本当に重宝しますよ。

今はウールの靴下のない生活は考えられないです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現在は次のステージに向けて準備中。前職はアウトドアショップの店長。その前はホテルマンで中国茶ソムリエ。埼玉県川口市出身。2人の息子がいます。カレーと天下一品のラーメン、甘いものが好き。