【諏訪山公園(神戸市中央区)】お山の中腹にある子供が大喜びの子供の園!

とーる
こんにちは、とーるです。

5才のキノコ次男が「お山へ行きた~い♪」なんていうものだから、すぐに段取りしてお手軽に楽しめるお山、諏訪山公園へ遊びに行ってきました。

特に諏訪山公園の「子供の園」は気に入ったようです。

♯5才の子供はそんなに歩けない
♯5才の子供はすぐに飽きる
♯そのことを踏まえて遊ぶ場所を考える
♯とにかく遊具が大好き
♯突然のトイレにも対応できるように

諏訪山公園とは

諏訪山公園は兵庫県神戸市の元町駅から北へ標高180mほどの諏訪山中腹から山麓にかけての総称です。

フランスの観測隊が金星を観測したと言われる「金星台」、それにちなんで夜景の名所としても知られているヴィーナスブリッジやヴィーナステラスなどの金星に因んだ名前が付けられている施設も。

そして諏訪山公園と隣接するように諏訪山神社もあります。

そしてかつては諏訪山遊園という名前で諏訪山動物園(王子動物園の前身)も存在していたそうです。今は子供の園という大型遊具のある公園となっています。

諏訪山公園へのアクセス


JR元町駅から5才の子供と一緒に歩いて30分ほど。

#大人の足だと15分くらいだよ

諏訪山神社

めちゃくちゃ急な坂を上り階段を上ったところに諏訪山神社があります。諏訪山のお稲荷さんというふうに言われているだけあって狐さんがたくさんです。

5才のキノコ次男も頑張って登りました。鳥居の前ではお辞儀もしながらね。

所在地:神戸市中央区諏訪山町5-1
電話番号078-221-3481(諏訪神社)
通称名 諏訪山のお稲荷さん

主祭神 建御名方命(タケミナカタノミコト)
配祀神 倉稲魂命(ウカノミタマノミコト) 比売神(ヒメカミ)

とーる
彼岸花がきれいに咲いていましたよ♪

金星台

諏訪山中腹(標高約90m)の展望がいい広場です。春には桜も咲くので花見スポットしてもいい感じです。

諏訪山の中腹の展望広場が金星台と称されるようになったのは、1874年にフランスの天体観測隊が、金星の太陽面通過の観測をこの地で行った以降のことである。

また、この金星台と諏訪山展望台を繋ぐ螺旋橋の愛称はヴィーナスブリッジである。

神戸港を見渡すことができる展望広場の中央奥(山手)には金星観測記念碑と、勝海舟が創った神戸海軍塾の碑(海軍営之碑)が建てられている。またラジオ塔が現存している。

wikipediaより

これが金星観測記念碑

金星台にはトイレもありますよ。トイレットペーパーはついてないのでティッシュを持って行ってくださいね。

なんか歴史を感じる手洗い場です。

金星台は気持ちのいい広場です。今回はここでお昼ご飯を食べましたよ♪

リラックスするにもいいね♪

♯本を持ってきて読書するのにもいいね
♯今度はひとりでゆっくり来よう

子供の園


金星台の少し下にある秘密基地間あふれる公園です。なんとなくひっそりと存在していて独特の雰囲気。

そして大型遊具がたくさんあるので子供にとっては嬉しい公園です。

滑り台~♪

タイヤを登るの楽しいね~♪

キノコかわいい。

長―――い滑り台に5才の息子はビビッてました・・・。

とっても歴史ある公園。以前、ここは動物園だったらしいです。あの王子動物園の前身がここに存在したなんてーー!!

諏訪山公園とゾウの諏訪子

諏訪山公園は1904年(明治36年)に開設され、子供の園には、1928年(昭和3年)に開園した動物園がありました。

動物園は1951年(昭和26年)に閉演されることとんり、前年に来日したゾウの諏訪子は歩いて王子動物園まで引っ越しをしましたが、その道中は今でも市民の語りぐさになっています。諏訪子は、65歳まで長生きして2008年(平成20年)に生涯を閉じました

子供の園の看板より

子供の園にもトイレがあります。ここもトイレットペーパーはありません。

諏訪山公園のまとめ


大型の遊具がたくさんで子供は大喜び。そしてトイレもあちこちにあるので安心です。(ティッシュは持って行ってね)

アクセスもいいので是非遊びに行ってみてくださいねーーー♪

ABOUTこの記事をかいた人

とーるブログ編集長。前職はアウトドアショップの店長。その前はホテルマンで中国茶ソムリエ。埼玉県川口市出身。2人の息子がいます。カレーと天下一品のラーメン、甘いものが好き。