実は家で洗えます。レインウェアの洗濯方法。

こんにちは。と~るです!

アウトドアショップにいたときよく聞かれたのが「レインウェアって洗えるの?」ってこと。

結論から言えば、家庭で洗えます。むしろ洗わなくてはいけません。
レインウェアは山道具の中でも高価なものです。大切な道具だからこそしっかりケアしていきましょうね。

どうでもいいけど・・・雨男なのか(笑)山でのレインウェアの着用率がハンパないってーー(笑)

シンプルで分かりやすいレインウェアの洗い方がゴアテックス社のページに紹介されています。以下はそちらを添付したものです。

レインウェアのお手入れ方法

長くご愛用いただける GORE-TEX プロダクトはお手入れも簡単です。高機能を備えたウェアを長期間着用していただくためには日頃のメンテナンス&ケアが大切です。取扱いには、タグに表示されたメーカー推奨手順に従ってください。

Youtubeも参考に↓

簡単にできる GORE-TEX アウターウェアのお手入れ方法

洗濯機に入れる前にウェアのジッパーやベルクロをすべて閉じてください。機能性を維持するために、必ずメーカーの取扱い表示に従ってください。

洗濯手順

ぬるま湯(40°C)で、液体洗剤を少なめに入れ、洗濯機で洗ってください。すすぎは2回以上行ってください。粉末洗剤や柔軟剤、漂白剤、染みぬき剤は使用しないでください。泥汚れのひどい服とは一緒に洗わないようにしてください。

漂白

塩素系漂白剤は使用しないでください。

乾燥

軽く脱水した後、吊り乾しするか、標準温度に設定した乾燥機で乾かしてください。ウェアが乾いてから、さらに20分以上を目安に温風で乾燥機にかけると、撥水回復に役立ちます。

アイロン

乾燥機を使わずに撥水機能を回復させるにはアイロンも効果的です。ウェアが完全に乾いてから温度は低温に設定し、スチームなし、あて布をしてアイロンをかけてください。

ドライクリーニング

ゴアではウェアは家庭で洗濯することを推奨しています。もし、ドライクリーニングを利用する場合には、すすぎにはきれいな溶剤を使用するようにクリーニング店にお伝えください。ドライクリーニングをした後は、ウェアの表生地に撥水加工をする必要があります。ウェアメーカー指定の手順に従ってください。

撥水加工

洗濯や加温をしても撥水性能が回復しなくなってきたら、市販の撥水剤のご利用をおすすめします。撥水剤はアウトドアショップなどで販売されているウェア用のものをご利用ください。

ちょっと付け加えますと・・
●脱水はせずにビショビショのままがいいですね。脱水してもあまり意味がなく、むしろウェアへの負担が大きいです。そのまま自然乾燥で。

●保管に関しては必ずハンガーなどにつってね。小さくしてたりたたんでいると折り目からダメージになりますので。

●レインウェにとっては汚れが残ってるってことは大きなダメージになりますが、洗剤が残っているってのも撥水性が失われたり劣化の原因になったりします。そこまで汚れていないときは洗剤なしでぬるめのお湯で手洗いをするのがベター。ちなみにもみ洗いはNGです。

●使用しているうちに撥水効果(レインウェア表面で水を弾く感じね)は落ちてきます。その主な原因は汚れ。洗濯はこまめにしましょう。

大切なウェアだからしっかりとケアして長く使いたいですねーー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

とーるブログ編集長。前職はアウトドアショップの店長。その前はホテルマンで中国茶ソムリエ。埼玉県川口市出身。2人の息子がいます。カレーと天下一品のラーメン、甘いものが好き。