【伊吹山と三上山】1日で2つの山を登った日

とーる
こんにちは、とーるです。

真冬の2月に滋賀県の伊吹山へ行ってきました。

伊吹山とは

滋賀県の標高1377mの山で、花の百名山なんて呼ばれたりしています。夏には花が咲き乱れるきれいな山。今回は雪に覆われた冬山ですけどねーー。

詳しいことはwikipediaにてどうぞ。

伊吹山(いぶきやま〈いぶきさん〉)は、滋賀県米原市、岐阜県揖斐郡揖斐川町、不破郡関ケ原町にまたがる伊吹山地の主峰(最高峰)標高1,377 mの山である。

一等三角点が置かれている山頂部は滋賀県米原市に属し、滋賀県最高峰の山であり、山域は琵琶湖国定公園に指定されている。

古くから霊峰とされ、『古事記』、『日本書紀』においてはヤマトタケルが東征の帰途に伊吹山の神を倒そうとして返り討ちにあったとする神話が残されている。

日本百名山、新・花の百名山、一等三角点百名山、関西百名山、近畿百名山、ぎふ百山の1つに選定されている。滋賀県、岐阜県、愛知県、三重県の多くの学校の校歌で「伊吹山」に関する語句が歌われている。

いざ!雪の伊吹山っ!

駐車場のおばちゃんにあめちゃんをもらったりしながら
登山届を出して準備。

前日に伊吹山で遭難者が出ているとの情報。
登山口には警察の方、上空にはヘリ。
気をつけて行って来てくださいと声をかけられ出発です。

この日の伊吹山は雪が少なめ。でもやっぱり雪はテンションが上がります。

閉鎖されたスキー場。寂しげな雰囲気がなんとも言えません。

急な直登はなかなかにハードです。振り返りながらゆっくり少しずつ進んでいきます。

しばらく進むと雪が深くなってきました。
天気も良く気持ちのいい場所です。

日差しもあって暑かったの脇のベンチレーションから腕をだしてのスタイルです。
NORRONA lofoten Gore-pro Jacketはベンチレーションが長いので可能なスタイルです。これは快適☆

3合目。ここで少し休憩。同行のFさん曰く、ここから伊吹山の面白いところとのこと。

さぁ、出発というところで警察の方々にここからは登山を控えてくださいと・・。

天気も良くこれからっというところでしたがやむを得ないですね。。
3合目で下山です。

遭難された方は20年のベテランということでしたが、山では何があるかわからないですね。
経験と体調と装備、その他もろもろリスクに備えて楽しむことが雪山では必要ですね。

この日のランチは山の上から変更!サービスエリアで・・

「いただきま~す!」

いざ、いざっ!三上山

中途半端な感じになってしまったので午後からもう一つ、山を登ることにしました。

とても美しい形、里山、近江富士です。。

正式名称、三上山。ウエストポーチのみを持って出発。

標高432mの割にはバリエーション豊か。

こんな岩の間を通ったりしながら・・

頂上からの眺め。心地の良いのどかな景色です。

1日に2つの山を登ったのは今回が初めて。

山の魅力と怖さを知った1日でした。
寒い冬、こんな季節だからこその風景もあります。
是非しっかりとした装備でお出かけください~!

ABOUTこの記事をかいた人

とーるブログ編集長。前職はアウトドアショップの店長。その前はホテルマンで中国茶ソムリエ。埼玉県川口市出身。2人の息子がいます。カレーと天下一品のラーメン、甘いものが好き。