【アウトドアウェアの洗濯】大切なウェアだからこそ、上手に洗濯しましょう。

とーる
こんにちは。と~るです!

大切なアウトドアウェアだからしっかりケアして長く着たいですよね♪

ということで、、今日は洗濯のことを書いていきますねーーー♪

洗濯表示知ってますか?

アウトドアウェアはお値段もするし大切に扱いたいですよね。着たあとには洗濯すると思いますが、しっかりとケアして長いこと着たいですよね。

ウェアには例外なく、必ず品質表示と洗濯表示が明記されています。

たとえばこのチュニックは…

これは日本のブランドのKAOなので丁寧に洗濯の説明までしてくれています。

そしてこちらも同じくKAOのヘンリーネックチュニックシャツの品質表示と洗濯表示。

こちらはウール製品なのでドライクリーニングをオススメしています。

KAOみたいに日本のブランドで、しかも洗濯の方法が丁寧に書いてあると助かりますが海外ブランドとかですと説明が書いてあったとしても日本語じゃなかったりとかでちょっとわかりにくい。

大切なウェアですからきちんとしたケアをしたいですね。そんなときに世界共通の「洗濯表示」を知っていれば海外製品であってもどう洗濯をしたらいいかわかるようになります。

今日はそんな洗濯表示についてご紹介しますね。

洗濯表示を理解して大切な衣類をケア

こちらは経済産業省が発表している洗濯表示です。実は平成28年12月から下の新表示に変わりました。以前は日本独自のものとか使われていたんですけど、世界共通になったそうです。

世界共通になったということで以前に使われていたような「弱」とか「強」とか「ドライ」とかの日本語表示がなくなりました。

だからね、最初に記号とかアルファベットの意味を知っているととても役に立つと思うんです。

家庭洗濯

まずは家庭洗濯の方法ね。上の説明分かりやすいですね。棒線なんて知らないとわからないことですよね。以前は洗濯機マークに「弱」とか明記されていました。

棒線がつくと弱い水流でね。

漂白剤

サンカクは漂白に関する記号です。アウトドアのものはバツのものが多いですね。漂白剤が使えないものがね。

乾燥

シカクは乾燥についての記号です。家庭でタンブル乾燥ができるか、どうか。そしてその中の点はヒーターの強さね。

タンブルとは回転式衣類乾燥機のようなものです。

うちで多く扱っているウールなんかはタンブルNGのものが多いですね。

アイロン

アイロンマークは分かりやすいですね。点の数で強さを表します。

基本的にアウトドアウェアはアイロンかけないですね。

クリーニング

こちらの表示は基本的にクリーニング屋さんが見るのかな。

最後に。。

それぞれのカテゴリーごとに覚えてしまうと、意外と簡単でしょ?洗濯表示をみて上手に洗濯をしていきましょね。

アウトドアウェアは基本的にはネットに入れて中性洗剤で柔軟剤の入っていないタイプで洗濯しましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

とーるブログ編集長。前職はアウトドアショップの店長。その前はホテルマンで中国茶ソムリエ。埼玉県川口市出身。2人の息子がいます。カレーと天下一品のラーメン、甘いものが好き。