神秘的な景色が広がる。ナイトトレイルラン

とにかく暑い日が続きますので水分補給、塩分補給をしっかりね。

こんばんは。とーるです!

夕方からお誘いを頂いてたナイトトレイルランへ行ってきました。日中は気温が高すぎて山に行くのもイヤになったりしますが夕方は少しマシ。でも夜は周りも暗くなりリスクも高くなるのであまりムリはせずにね。

17:00に元町駅西口をスタート。諏訪山から山へ入ります。

夕方でも暑いものは暑い。汗がハンパなく吹き出てきます。この悪いものが身体から出ていく感覚が気持ちいいのですが、ここで注意。

気温、湿度ともに高い山歩きは熱中症のリスクも高まります。山に行く前には身体をしっかり整えておきましょうね。

ルートにもよるんでしょうけど、この時期の川沿いは小さな羽虫が顔の周りに飛んできます。ハッカなどの虫除けをしたり、手ぬぐいで追い払いましょう(笑)

10秒チャージとありますが、2秒で飲み終わる勢いです(笑)

少しずつ空が赤くなってきました。ステキな夕焼けです。

日が沈んできました。ヘッドランプを取り出します。

天狗道、稲妻坂はこの時期はキツイ。汗がピシャーって溢れてきて身体中の汗という汗が全部出て行きます。息も荒くなる。と同時に頭の中は軽いトランス状態。なんか「無」になる感覚ですね。

そうこうしてるうちに、摩耶山山頂、掬星台へ。

あわよくば、大阪のPLの花火大会が観れたらなーって思ってたんですけど、山頂はあいにくのガス。音は時折聴こえてましたが、花火を見ることはできませんでした。

掬星台にはたくさんの人が。海外の方が多かったですね。

観光客のみなさんはロープウェーで下山してましたが、僕らは走って下山。でもあまりにも暗すぎて歩いて下山しました。

途中イノシシに出くわしたりしながらね。

夜に山に行くのはリスクが高まるので一般的にはオススメはしません。朝早くからだったら気温がまだ上がりきってないのでまだマシです(^_^)

ほんま汗の量がハンパないと思いますので熱中症対策だけは万全にね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

とーるブログ編集長。前職はアウトドアショップの店長。その前はホテルマンで中国茶ソムリエ。埼玉県川口市出身。2人の息子がいます。カレーと天下一品のラーメン、甘いものが好き。