山ごはん、ハードルは高くない!まずはお湯を沸かすところから始めましょう!

なんで山で食べるご飯は美味しいのでしょう?

こんにちは。と~るです。

山ごはんを始めたい!

先日お店で山ごはんのお話をしていました。憧れの山ごはん。

どれも美味しそうですねーーーー!

まずはお湯を沸かすだけの簡単なものから。

山ごはんに憧れはあるけどとにかくハードルが高そう。
何をどーやったらいいかわからない。。
そーですよね。。僕らのお店はそういった人たちの最初の一歩。。を応援したい。
そんな風に思っています。

山ごはん、ハードルはほんと高くないです。
まずは・・・

お湯を沸かす。

そしてカップラーメンやコーヒーを飲む。

ここから始めませんか?

ね、それなりにフォトジェニックでしょ?(笑)

山登りして山頂で山ごはんはもちろん、公園でお湯を沸かしてコーヒー飲みながら
読書するってのも贅沢な時間ですよね?

とっても簡単。山ごはん3点セット

よしじゃーまずはお湯を沸かすとこから始めよう!とはいっても何からそろえたらいいの?
たった3点用意するだけです。

ジャー―ン!これが山ごはん3点セットです。

左から、ストーブ、ガスカートリッジ、コッヘル(鍋)です。
たったこれだけで憧れの山ごはんが作れます。

①ストーブ

専用のガスを連結させて燃焼させる小型のこんろです。直結型と分離型があります。どういうスタイルかによって使い分けします。

当店のオススメ直結型
P-173 フォールディングハイパワーバーナー ¥11340

直結型は小型で軽い。ただデメリットはガスの上にストーブが来るので安定性が若干不安。大きな鍋をしたりする人はあまり向きません。
とにかく荷物を小さくしたい。そんな方は是非、直結型を!

当店のオススメ分離型
P-155S ウルトラスパイダーストーブⅡ ¥13820

分離型はかさばるし少し重くはなるけど、安定感があります。料理にこだわる方はこちらがオススメ!

②ガスカードリッジ

オススメはオールシーズン用の赤い文字のタイプ。

このタイプは温暖な気候の時のタイプ。今からはあまり向きません。

ガスカードリッジは当店ではお取り扱いはありません。

③コッヘル(鍋)

お湯を沸かすだけならケトル(やかん)っていう選択肢もあるけど、ゆくゆくは料理を作りたいっていうのがあれば、コッヘルがおすすめです。
ふたもフライパンとして使えます。

セラミックコッヘル深型13 ¥5200
ナベサイズ:内径13×深さ10cm / 容量:1,300ml
フタサイズ:内径13×深さ3.1cm / 容量:400ml
外寸:径15.1×高さ14.7cm
素材:アルミニウム/セラミック焼き付けコート
質量:本体250g
カラー:トマト・プラム・オレンジ・グリーンイエロー
ナイロンケース付き

さぁ、道具は揃った!出かけましょう!楽しい世界が待ってるよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です