中国地方最高峰、海まで見える伯耆大山(ほうきだいせん)へ山登り 

ちょっと過去のブログを移行してきました。

2013年のたしか8月。山の師匠Fさんと鳥取の大山へ行った時の様子です。

2013年夏。伯耆大山ハイク

早朝4時40分、雨の音で目が覚めて・・

まずっ、寝坊・・遅刻ーーー!

鳥取県の伯耆大山へ行く日。

急いで身支度を済ませ5時に家を出る。
ザーザー降りの雨で傘をさしながら小走りで待ち合わせ場所まで・・。

集合時間には遅れてしまいましたがなんとか出発。
この日は山をよく知っているFさんと同行、一路鳥取へ向かい車を走らせます。

雨がすごい勢いで降っていました。
途中サービスエリアに寄りながら、3時間弱、車を走らせると・・・
見えてきました!大山!

鳥取方面は雨が降っていませんでした。曇。とりあえずは一安心。

ちなみにwikipediaによると。。。

大山(だいせん)は、日本の鳥取県にある標高1,729mの山。

成層火山であるが、活火山としては扱われていない。鳥取県および中国地方の最高峰でもある。

角盤山(かくばんざん)とも呼ばれるほか、鳥取県西部の旧国名が伯耆国であったことから伯耆大山(ほうきだいせん)、あるいはその山容から郷土富士として伯耆富士とも呼ばれる。

日本百名山や日本百景にも選定され、鳥取県のシンボルの一つとされている

トイレなどを済ませ、いざ出発です。

登山コースは複数あり、北側斜面を登る「夏山登山コース」と「ユートピアコース」が地元自治体により一般に紹介されている。

夏山登山コースは佐陀川の源流となっている行者谷の西側尾根を登り、弥山に至るルートで初心者向きとされている。

ユートピアルートは行者谷の東側尾根を経て、標高1,516mの三鈷峰付近にあるユートピア避難小屋に至るルートで、上級者向けとされている。

弥山から三等三角点地点(1,709.3m)や剣ヶ峰、天狗ヶ峰(1,710m)を経てユートピア避難小屋に至る旧縦走路は、稜線が両サイドとも崩落しており通行が禁止されている。これは特に2000年に発生した鳥取県西部地震以降、山肌の崩落が激しくなって危険なためであり、死傷事故も発生している。

これらの登山口まではJR米子駅やJR大山口駅から大山寺行きのバスが定期運行されている。また、自家用車で登山口付近まで行く場合、鳥取県立大山自然歴史館の近くに駐車場があり、米子自動車道の溝口インターチェンジから鳥取県道45号を経由しておよそ10kmである。

wikipediaより

夏山登山道を行きます!・・・日差しがすごいことになってきました。

めっちゃいい天気

セミの大合唱を聞きながら、樹林帯を。。

水分補給と塩分、糖分の補給はこの時期は特に大切。
塩レモンは糖分と塩分を同時に採れるスグレモノ。。
当店のご近所さん、WONDERFUL(ワンダフル)さんで売っています。

結構、量が多いのでこのようにジップロップに小分けにするとグッド

同行のFさん、色々なことを知っています☆
これはヤマホトトギスと教えてくれました。。

ナッツも美味しい~♪

クガイソウ

シモツケソウ・・

色々な花々が咲き乱れます。

六合目の避難小屋前で休憩です。

雰囲気のある小屋です。

レンズ雲!天気が崩れなければいいな・・とFさん。

・・・確かに不気味な雲。。

スキッと日本海まで見渡せます。

逆を見れば荒々しい山肌、浸食が激しいそうです。

ホタルブクロ

日本海!弓ヶ浜がくっきりとっ!!

「気持ちいいなぁ~」

高度をあげ植生が少し変わりました

大木がなくなり、背の低い木々たちに・・。

アザミ

・・・?なんでしたっけ?

日本海からの強いふきっさらしの風が吹いてきました。
火照った体を気持ちよく冷やしてくれる・・・

頂上付近の稜線の木道。日本海からの風はますます強くなっていきます。。

うーーん。。写真にすると伝わりにくい高度感

気持ちのいい稜線をしばらく行くと・・・

わ~、すごい人!韓国からのハイカーがたくさん!
インターナショナルです。

頂上でお決まりの記念写真を撮って。。

風がすごいので避難小屋で食事にします。

避難小屋も大賑わい。こちらも韓国の方々でした。

やっぱり山で食べる・・

ラーメンは・・

最高ですっ!

お手軽ですしね。

食後は甘いカフェオレでのんびりと・・

風が強いので着こんで出発します。

だいぶゆっくりしました。みんなもう出発していきました。

振り返るとたくさんのハイカーがいる頂上。

ほんと、気持ちの良い景色です。

オニヤンマかな?でっかいトンボっ!

大神山神社。

!?

下山後の自然石の道はとても足にきます

レトロなベンチだ。

下山後にパシャリ!お疲れさまでした~♪

途中のサービスエリアでお腹が空いて・・
もう一度、腹ごしらい。

その土地のものを口にして・・・

天気が良くて、ほんとステキな山でした。
神戸からは少し遠いですがまた来たい山です。

いーたん
通販もやってます!

SITTING BULL@オンラインショップBASE

とーる
電話やメールで聞く事でもないな――という事なんかを気軽に聞くのはLINEが便利です。内容は他の方には公開されることはないのでご安心を。必要に応じて解除やブロックも出来ます。ときおりメッセージなどで情報が配信されまーす。

各SNSのフォローもよろしくおねがいします!こちらの方がブログより発信はマメです。

と~るインスタグラム→ sittingbull_kobe
と~るtwitter→ @gachi1127
そしてこのブログもね。→と~るブログ

─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━
【神戸元町・シッティングブル】
〒650-0022
神戸市中央区元町通2丁目5-7
TEL/FAX 078-334-6345
OPEN: 11:00-20:00
CLOSE:毎週水曜日(祝日の場合は営業いたします)

JR元町駅西口をでて南に下って徒歩1分です。

少し長いですが(笑)当店の自己紹介です。

お店情報

ABOUTこの記事をかいた人

神戸元町にあるアウトドアショップSITTING BULLの店長です。山と人が繋がるような・・そんなお店を目指しています。前職はホテルマンで中国茶ソムリエです。埼玉県川口市出身。2人の息子がいます。カレーと天下一品のラーメン、甘いものが好き。