雪の藤原岳山行日記

とーる
こんにちは、と~るです。

4月の初旬、神戸から足をのばし鈴鹿の山、藤原岳へ行って来ました。

神戸から車で走らせること、約3時間ほど。

今回はお山の先輩、Fさんの車に乗っけてもらって三重県に。。

藤原岳とは

藤原岳(ふじわらだけ)は鈴鹿国定公園の三重県いなべ市と滋賀県東近江市との境界にある山。標高1,144m。鈴鹿山脈の北部に位置し、日本三百名山及び関西百名山、花の百名山に選定されている。

三重県側は太平洋セメント藤原鉱山となっており、石灰石が山容が変わるほど採掘されている。

山頂は比較的平坦であり、山頂及びその北西にある標高1,171mの天狗岩は、展望地となっている。南には竜ヶ岳をはじめとする鈴鹿山脈の山々を望むことができる。

また周辺はフクジュソウやセツブンソウなどの群生地で、花の百名山及び新・花の百名山に選定されている。特に、春先の花のシーズンに多くのハイカーが訪れる。

wikipediaより

雪が残る藤原岳山行

寒くて、しかも雨。

コンディションとしてはあまり良くない(*_*)

ただ、今回は福寿草とか花を楽しみましょう!っていうことでやってきたわけです。(なんか負け惜しみみたいですけど、そんなことはないのですっ)

ほらね、雨に濡れた馬酔木(あせび)もきれいでしょ!?

雨に打たれながらもえっちらおっちら登っていきます。

とってもご丁寧に2合目、3合目、4合目・・・としっかり道標があります。

ペースはとりやすいですね。

ナルゲンボトルにトレイルミックス。
ミックスナッツとマーブルチョコを混ぜて。
あ、この日は柿の種を入れるのを忘れましたが・・

7合目くらいからでしょうか?
綺麗な黄色の群生があちこちに!

福寿草です!綺麗な黄色の花はとってもかわいい♡
春の訪れを教えてくれる花!

雨に濡れた福寿草も、またよし!

8合目あたりから、残雪があちらこちらに。

そして雨から雪に変わります。。。

頂上付近は風も強く気温もさらに下がります。

ウェアリングはゴアテックスのプロシェルのジャケット、ウールベース、化繊の半袖Tシャツで少し寒いくらい。フードかぶるとだいぶマシでした。

おそらく気温0℃ほど?

石灰岩質の山はとっても特異な景観を作り出します。

石灰岩が削れてできたカレンフェルトの雰囲気は神秘的です・・

台地上になった山頂付近。

道迷いが起こりやすいとのことです。雪の季節はなおさら。ケルンがあちらこちらにありました。

さらに標高をあげるとそこは雪の世界!

標高1165m、天狗岩到着~♪
そこからの眺めは・・・・・

真っ白ーーーーーー(笑)

この後は藤原山荘へ昼ごはんに向かいます。。

・・少し空が明るくなってきました。
雨と雪がやみました。

ちょっと写真撮影。

さぁ、藤原山荘へ向かい・・

昼ご飯を準備します。。

今回、お互いソロクッカーで昼ごはんを作ったのですが、

なんと、サッポロ一番みそらーめん!

かぶりました(笑)

寒い場所での味噌ラーメンは最高だもん!

食事の後はカフェタイム!

のんびりまったり・・好きな時間です。

昼ごはんのあとは三角点のある展望ポイントへ・・

さっきまでの雨、雪が嘘みたいな真っ青な空が表れました!

なんかテンションが上がり写真をパシャリ!

パシャリ!

気温はまだ低めでしたが青空がテンションを上げてくれます!

雨や雪があったからこそ、青空のありがたみがすごくあるっていう・・

雨、雪に感謝の気持ちがわきました。。

しばしこの風景を目に焼き付けて・・・

下山です。
とっても滑りやすい。

今回、Fさんにストックを1本借りましたがこの山ストックあったほうがいいです。

あ、それと泥だらけになるのでゲイターもあったほうがベター。

とっても親切な水道。
下山後はここですっきりさせましょ。
歯ブラシなんかも置いてあったよ。


綺麗な夕日が山の向こうへ沈んでいきます。。

やっぱ、山はいいなって浸りながらの帰路。
心地のいい疲れが好きだったりします。
帰りの車では今日の山の事と、次に登りたい山のことで話が弾みます。

ふと、少しずつ日の長さを感じました。。


雨の時の行動ウェア
・ NORRONA lofoten Goretex Pro Jacket(レインウェアとしてシッカリ目のタイプ)
・ ibex woolies crew 150(薄手のウールベース)
・Teton Bros Tシャツ(化繊の速乾Tシャツ)
休憩中のウェア
・NORRONA lofoten porlatec Alpha Jacket
これ、最高。暑くも寒くもなく柔らかくてある程度の風も止めてくれた)
・ibex woolies crew 150(薄手のウールベース)
・Teton Bros Tシャツ(化繊の速乾Tシャツ)

まだまだ冬になる時がある4月の山。

油断大敵、場所によっては暖かいウェアリングで~!

 

ABOUTこの記事をかいた人

とーるブログ編集長。前職はアウトドアショップの店長。その前はホテルマンで中国茶ソムリエ。埼玉県川口市出身。2人の息子がいます。カレーと天下一品のラーメン、甘いものが好き。