雪山を遊ぶ時の服装ってどうしたらいいの?

とーる
こんにちは、と~るです。

「あの感覚が忘れられなくて今年も滑りに行くんです。」とはとあるお客様の言葉。

雪山を滑るのが大好きな方はこの感覚はわかるのではないでしょうか?

この雪山の季節になると〇〇のスキー場へ行くんですとか、年末の予定は~とか楽しいお話がいっぱいです。

そんな中、時折出てくる「スキーの時何を着ていくのがいいんですかね?」というテーマ。

これはやってる方もこれからやる方にとっても気になるところ。

色々な意見もあるでしょうが基本的な雪山でのレイヤリング(重ね着)について一つの提案として紹介していきますね。

 

雪山を滑るときの重ね着

基本的なレイヤリング(重ね着)としては山と一緒です。
アウター+ミドル+ベース

では詳しく見ていきましょう!

アウターレイヤー(ハードシェル)

基本的に雪や風から体を守るのが仕事。

ゴアテックスやそれに相当するような防水透湿(水は通さないけど蒸気は通す)素材だったりします。
そして転んでも破れないようなしっかりしたもの。ハードシェルのシェルとは殻の意味。しっかりとしてて耐久性があります。
お値段も張りますがアウターシェルは雪山ではほんまに大切。色々な機能がついていてハイスペックです。

雪山では目立つ色がかわいいね。やってることハードだけど(笑)

ミドルレイヤー(フリースなど)

ここは保温するのが最大のお仕事。保温しつつウェア内をドライにしておきます。(写真左)

写真のようなフリースが一般的ですが、ウールの厚手のセーター的なもの、
もしくはこれから紹介するベースレイヤーの厚手のものを加えたり、
はたまた最近だとポーラテックアルファなどを使用したりとバリエーションが多いのがミドルレイヤー。

汗をどれだけかくのか、寒がりなのか、暑がりなのか、運動量はどんなものか・・
それによっても変わってきますよ。

ベースレイヤー(ウールのベース、化繊のベースなど)

汗を吸い上げて肌をドライに保つのが最大の仕事です。(写真右)

ウールのピタッとしたベースにTシャツなどを重ねるのがいいかも。女性の意見でいえば細かな体温調整にTシャツはとっても使える。
暑くなってフリースを脱ぎたくなってもベース一枚だと恥ずかしいけど、Tシャツと重ねていたら恥ずかしくない。

そしてベースレイヤーの下半身、ウールのタイツもオススメ。

足元は冷えますからね。詳しくはおけいはんがブログを書いてくれてます。


メリノウールレギンスが良い理由3選△神戸元町レディースアウトドアショップ

そんでもってベースレイヤーはほんま大切!何事も基礎が大切です。下着もね。

大切な事なのでもう一度言います。

ベースレイヤーは特に大切、そしてウールがオススメです!

小物など


ニット帽、手袋、ゴーグル。


靴下。これもウールがオススメ。スキー用のスネの厚みがあるものがあります。


特に寒いところへ行く人はバラクラバ。マイナス10℃以下になるとほっぺたが痛いです。

つけるとこんな感じね。

ということで今日は雪山を滑るときの服装を紹介していきました。

ただこれは一つの例です。行く場所、体質、運動量などによって快適なウェアは変わってきます。色々と試してみて自分に合うモノを見つけられるといいですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

とーるブログ編集長。前職はアウトドアショップの店長。その前はホテルマンで中国茶ソムリエ。埼玉県川口市出身。2人の息子がいます。カレーと天下一品のラーメン、甘いものが好き。