【登山のオススメ小物】リュックの中が散らかっていてほしいモノが見つからない・・・そんな時に使える便利アイテムとは?

とーる
こんにちは、とーる(@torumegane)です。

僕は山登りを始めた頃、リュックの中はしっちゃかめっちゃかに散らかってました。

なーんとなく荷物を詰め込んで、いざ使おうと思ってリュックの中を探すけど欲しいものが見つからない。

ビニール袋なんかにモノを入れているからガサガサうるさいし、リュックの中がゴミ箱みたい。。。


それはあたかも四次元ポケットの中の秘密道具をなかなか取り出せないドラえもんのようですw

そんな僕も今ではリュックの中はスッキリです。欲しいものはすぐに見つかるよう整理整頓されています。

リュックの中がぐちゃぐちゃだったのをきれいに整理整頓できるようになったのは、僕が几帳面に生まれ変わったから!

・・・ではありませんw

地味だけどめっちゃ活躍してくれる便利アイテム、スタッフバックを使うようになってからです。

今日はそんなリュックの中を整理整頓してくれて収納上手にしてくれるスタッフバックのご紹介です。

スタッフバックって何?

スタッフバックとは、着替えや道具、こまごまとした荷物を小分けに収納するための袋です。

最初に書きましたが、僕は山登りを始めた頃は使っていませんでした。だからリュックの中がぐちゃぐちゃ。

リュックの中から欲しいモノが見つからない。そんな経験を何度もしました。

いつの頃だったか、登山の先輩がリュックの中からスマートにモノを取り出す姿がかっこいいなと思ったんです。

リュックの中を見せてもらうとカラフルな袋にカテゴリーごとに小分けに収納されている。

めっちゃオシャレ!そして機能美ハンパない!

それからスタッフバックを使うようになりました。

今ではリュックの中はしっかり整頓されて欲しいものは3秒で取り出すことができますw

スタッフバックって便利!オススメの理由

  • リュックの中が整理整頓できる
  • 山登りの準備、片付けの時短につながる
  • バリエーション豊富、サイズ豊富
  • 防水で中のものを濡らさない
  • 触ってもガサガサ音がならない
  • 生地がしなやかで滑りがよくパッキングしやすい

スタッフバックをオススメする理由が上記のような感じです。

カテゴリーごとにスタッフバックに入れておけば、リュックの中はいつもキレイ。すぐに欲しいモノが取り出せる!

そして、山登りの頻度が高い人にはほんとオススメなんですが、常にスタッフバックの中に荷物を収納しておくんです。

僕で言えば、山登りから帰ってきても

  • 緑の1Lの小さなスタッフバックには、ヘッドライト、予備の電池、携帯の充電
  • 青の4Lの中くらいのスタッフバックには、予備の着替えセット
  • 小さな赤の病院マークのスタッフバックには救急セット
  • オレンジ色の2Lのスタッフバックにはエマジェンシーグッズ

 

はそのままにしておきます。そうすると次に山登りに行くときに準備が早くなって便利です。

とーる
ときどき、中身をチェックするのを忘れて、あれが入ってない――!とか、薬が賞味期限切れになってたりするんですけどねw

バリエーション豊富でサイズ豊富なので収納するアイテムによって分けれて便利。

完全防水のスタッフバックは安心なんですけど、出し入れが少し面倒なんです。

こんな感じで袋の口の部分をくるくる巻くんです。

そうすることで水の侵入をしっかり防いでくれるんだけどね。

多少濡れてもいいや。とか、今日は絶対に雨降らんでしょ?ってときは出し入れがしやすいタイプの物を使ったりとシチュエーションによって分けれます。

これとかは完全防水じゃないけど出し入れがラク。

ビニール袋みたいにガサガサ音がならないのも嬉しいです。

とーる
以前、富士山に行ったとき山小屋で寝静まった夜中に、ヘッドライトだったかを探すときにビニール袋をガサガサと探してしまい、他の人からの視線が怖かったのを覚えていますw

だから音が鳴らないってのも大切。

生地がしなやかなのはパッキングするとき押し込みやすくちょっとしたスキマにするっと収納できるのでこれも嬉しい機能です。

とにもかくにもスタッフバックは便利。ただのカラフルな袋じゃありません。

実際のスタッフバック使用レビュー

すべての持ち物とはいかないけど、カテゴリーごとに荷物をまとめています。

そうすると実際に山登りに行ったときも便利だし、山から帰った時もスタッフバックはそのままにしておけば次回の山登りの準備も楽ちん、時短につながります。

【山登りの持ち物】登山に何を持っていけばいいの?六甲山日帰りハイク編

そして山登りの準備の時、今回は軽いハイキングだから青いスタッフバックに入った着替え一式は持っていくのやめとこう。

今回は山ごはんをするからムラサキのスタッフバックの山ごはん道具一式を持っていかないとね、など取捨選択しながら持っていくものを決めることができて便利です。

【登山の服装】冬の低山ハイク。

あ、それと個人的には明るい色のスタッフバックがオススメです。リュックの中は暗いので明るい色の方が見つけやすいです。

スタッフバックは旅行にもいい感じです。

家族旅行で感じた!やっぱりアウトドアグッズは旅行にも使えます♬

個人的にオススメなスタッフバックたち

僕が一番よく使用しているスタッフバックは、SEA TO SUMMIT(シートゥサミット)のシリーズです。防水性、耐久性のバランスがとれた一品です。絶対に濡らしたくないものはコレに入れてます。


完全防水のスタッフバックは安心なんだけど、出し入れが少しメンドイんです。

多少濡れてもいっかーというものは操作性の優れたグラナイトギアのエアジップサックに入れてます♪

Outdoor reserchからもドライサックは販売されています。ここのは柄が描かれているものがあって単純にカワイイ。

シーズンによって柄も変わったりするのでビビッときた柄があれば即ゲットをオススメします!!

スタッフバック まとめ

必ずしも山登りに必要か、、って言われれば必需品ではありません。

でも色々書いてきたように山登りがとっても快適になります。

スタッフバックで収納上手!!

リュックの中がぐちゃぐちゃで欲しいモノがなかなか見つからない方は騙されたと思って、少しずつ使ってみて下さい♪

驚くほどリュックの中がキレイになるはずです。

スタッフバックは山登りだけじゃなく、旅行やキャンプ、ちょっとしたお出かけなんかにも重宝します。ぜひぜひ使ってみて下さいね

ドラえもんもスタッフバックを使ったら、欲しい秘密道具がすぐに見つかるかもね。

あ、でもこのワタワタ感が見れなくなるのは寂しいかなw



ちなみにスタッフバックを買うならAmazonプライムがとっても便利です♪

通常配送料無料、お急ぎ便・お届け日指定も無料です。Amazonでお買い物をする機会が多い方はオススメです。

月額たったの500円、喫茶店でコーヒーを1杯飲むくらいのお値段♪

しかも特典は他にも映画、ドラマ、アニメが観れるAmazonプライムビデオ、音楽が聴けるAmazonプライムミュージック、写真を容量無制限で保存できるAmazonフォトなどなど。

30日の無料体験でとりあえず試してみるのもアリです。