家族や人の愛。心が温かくなる映画「春を背負って」

こんにちは。とーるです!

秋の夜長に読書を。。

ということで最近読み始めたのが、笹本稜平著「春を背負って」です。

Rawlow mountain worksのリュックのサイドポッケに文庫本ならうまいことハマります。

さっとすぐ読めるのが魅力。。

映画「春を背負って」を見ると山小屋へ行きたくなる

原作の小説を読み始めたところですが、また映画が見たくなってアマゾンプライムでもう何度目かな。。またまた観てしまいました。

監督は2009年に公開の「劔岳 点の記』の木村大作氏。こちらも雄大な山を舞台に繰り広げられる山岳映画でした。キャストは松山ケンイチ、蒼井優、豊川悦司、檀ふみ、小林薫、新井浩文、吉田栄作、安藤サクラなどなど豪華です。

トレーダーという大金をクリックひとつで動かす仕事をしていた長峰亨(松山ケンイチ)は登山者を助けようと事故死してしまった勇夫(小林薫)の山小屋“菫小屋”を継ぐことを決め奮闘します。

そんな中で勇夫の大学時代の後輩の多田悟郎(豊川悦司)は亨の成長を見守ります。

「タバコと人間の共通点ってわかる?」

「・・・?」

「煙になって初めて価値がわかる・・」

などなど色々と深い言葉を亨に伝えてくれます。。

みんなそれぞれに色々なものを「背負って」いる。大人になるとそういうもの。。でもその荷物を降ろせるような相手が人生にはいたりする。。

山小屋で繰り広げられるヒューマンストーリー。色々語りたいこともあるけど、そこはやはり映画を見るのが一番かな。。

山小屋で繰り広げられる様々なことをとおして、家族とは・・人生とは・・。そんなメッセージを感じる心温まるヒューマン山岳映画です。

なんかね、そんな山小屋へ出かけたくなる。そんな映画です。

もしよろしければ観てみてくださいね。また感想をお聞かせくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

とーるブログ編集長。前職はアウトドアショップの店長。その前はホテルマンで中国茶ソムリエ。埼玉県川口市出身。2人の息子がいます。カレーと天下一品のラーメン、甘いものが好き。