大変お待たせしました!Rawlow mountain worksの大人気モデルBambi(26L)が入荷しました!

昨日のご報告でたくさんの方々からメッセージなどを頂きました。ありがとうございます。インスタ、Facebook、LINE、、色々なところでコメントや直メを頂いておりますが、まだお返事できていない方、申し訳ないです。ちょっとお待ちくださいね。

一番多い質問が「えーー、やめちゃうのーー?」ってことですが、神戸元町のこのお店は8月にでることは決まってます。そして移転先を探しているところです。

こんにちは。神戸元町のアウトドアショップSITTING BULLの店長とーるです!

そして長いことお待たせしましたーーー!ついに、ついに、Rawlow mountain worksのリュックが再入荷しましたーーーーー!!!

人気のRawlow mountain worksのBambiが再入荷しました!

六甲山からの帰り。街でぶらぶらしたい。そんなとき、ゴリゴリの山スタイルだとちとひける・・・

そうなんですよねーーー。そんなときはこのリュックが気分です。

手ごろなサイズの26L。上の部分を広げると28Lくらいまでなります。ちょうどいい大きさでデザイン的にも山でも普段でも使いやすいです。

今回は4色。人気のオートミールは今回が最後です。予約なども入っていますので店頭在庫はほんま少ないです。気になっていた方、もう迷ってる暇はありませんよーーー(笑)

Rawlow mountain works Bambi 26L ¥23760

「目指したのはシームレスなデイハイク用のバックパック
例えば都内から簡単に電車でアクセス可能な高尾や奥多摩エリアに行く際、いかにも今から登山行きますよ!っていう気合の入ったコーディネイトで電車に乗るのが、なんだか恥ずかしかったりで僕らはちょっと苦手なのです。」

設計の際、ハイク時でのハードなアクティビティに最適化したのはもちろんですが、それプラスあまりスポーティー過ぎずRLMWらしいオールドスクールなデザインのマウンテンギアを目指しました。
Bambiはハイクでしっかり使えてアプローチや下山後のシーンでも違和感なく街に溶け込むシームレスなマウンテンギアなのです。

ボディとハーネスのバランスは上半身にウエイトが乗る様にデザインされているので、あまり身長に左右されずフィットします。また、内側ウレタンフォームの背面パッドは取り出し可能で、好みの物にも交換カスタムも可能。

メインの素材は強靭ながら軽量の撥水加工済みの1000Dナイロンを使用(ポリエステル15%混紡)
要所にスペクトラ Grid 210DやX-PAC VX21を使用して適材適所の素材選択のコンセプトはAntelope譲りです。

Bambiはデイハイクから小屋泊、ちょっと頑張ってUL装備ならテント泊まで、使い勝手の良いサイズの中型バックパックです。Back to Basicというコンセプトでギミック等は一切なしですがそのぶん徹底的にサイズ感と使い勝手、そして背負い心地に拘りました。


大容量のアウトポケットとボトルポケットが使いやすさの秘密です。両サイドのボトルポケットは片側で役1.5Lと大型、500mlのペットボトルx2本やナルゲン1Lボトルも余裕で入ります。
また、冬季の定番サーモスボトルはもちろんアウターシェルや嵩張るサーマレストZシート等も余裕で収納可能、パッキング次第で様々な使い方ができます。

そしてそのバンビの素材違い、X-pacバージョンーー!!

素材はX-pacです。

Rawlow mountain works X-pac Bambi ¥27000

・・・まだRawlow mountain worksを知らない方はこちらを見てね。↓

Rawlow mountain worksって?

公式のHPにRawlow moutanin worksのコンセプトなどが載っていましたので、下記に添付しますね。

Rawlow mountain works

Concept –
RawLow Mountain Worksはバッグデザイナーとして20年以上のキャリアを持つ2人のデザイナーが2015年に立ち上げたバックパックを中心とした新しいマウンテンギアのブランドです。
デザインの初期衝動「自分たちが使いたいもの」の気持ちを大切に、ハイカー、サイクリストでもあるデザイナー自らフィールドテストを繰り返しながら開発しています。生産は東京の自社工場で1本1本丁寧にハンドメイドでつくりあげています。

山と自然を愛するすべてのハイカーへ

“Be Punk!”  創りたいものだけを創る

RawLow Mountain Works は私達のメインフィールドである鈴鹿山脈や秩父の山をメインにほぼ毎週フィールドテストを行っています。また、高度な耐久性を求められるテストにはアルパインクライマーへもサンプルテストを依頼しており、そのレビューは今後Facebookにて公表していく予定です。
テクニカル面へのこだわりは前述の通りですが、我々が得意とするスタイリングやライフスタイルといった価値観や世界観を今後、積極的に発信していきます 。これまで我々が異業種で培ってきたノウハウや人脈をフィードバックしていき、通り一遍等でつまらないと感じてしまう昨今のアウトドアシーンへ カンフル剤的なメッセージを残せたらと思っています。
【 創りたいものだけ創る】そんなパンクスピリッツと初期衝動を大切にしたモノづくりを我々はいつも心がけています。

“Hand made in Japan” 想いを届けるということ

RawLow Mountain Worksの全ての製品は我々の目が行き届く、東京は下町の自社工場で一本づつ丁寧にハンドメイド生産されます。製品テストにおいてのトライアンドエラーがリニアに反映できるよう、我々にとってもっともプライオリティーが高い部分です。
デザイナーであり工場経営者でもある我々のスキルを最大限に活かし、企画から生産、クオリティコントロール 、そして物流までの一連の流れを一本化することでユーザーへダイレクトに我々の想いを届けるられことを大切にしています。

スタッフもお客様も愛用中!Rawlow mountain works

スタッフも愛用中で、当店でもじわじわとおそろいの方が続出中のブランド、Rawlow moutain works(ロウロウマウンテンワークス)のリュック

可愛いだけじゃなく背負い心地がすごくいいんだ、これ。

あなたもどうですか?(^^♪

そうそう。それとよく質問されるので言っておくと、本日ご紹介したRawlow mountain worksの商品、KAOの腹巻、旅するクロップドパンツ、ショーラ―サルエル美脚パンツ、ひんやりさらっとノースリーブ、靴下などは閉店セール除外品です。よろしくです。

「スマホより軽い?!旅するクロップドパンツ」は店頭でも通販でも好評販売中です。色やサイズによってかなり少なくなってきたものもでてきました。

【昨年度年間販売実績第2位!】スマホより軽い!?KAOの旅するクロップドパンツが人気の5つの理由

暑くなってくると問い合わせが増えてくる当店の隠れた人気者。ひんやりさらっとノースリーブ。2枚買いされるお客様が多いのでいつのまにか完売してしまう名品です。今なら大丈夫です。

夏になったら山シャツの下には何を着ますか?さらっとひんやりするインナーってないかな?

いーたん
通販もやってます!

SITTING BULL@オンラインショップBASE

とーる
電話やメールで聞く事でもないな――という事なんかを気軽に聞くのはLINEが便利です。内容は他の方には公開されることはないのでご安心を。必要に応じて解除やブロックも出来ます。ときおりメッセージなどで情報が配信されまーす。

各SNSのフォローもよろしくおねがいします!こちらの方がブログより発信はマメです。

と~るインスタグラム→ sittingbull_kobe
と~るtwitter→ @gachi1127
そしてこのブログもね。→と~るブログ

─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━
【神戸元町・シッティングブル】
〒650-0022
神戸市中央区元町通2丁目5-7
TEL/FAX 078-334-6345
OPEN: 11:00-20:00
CLOSE:毎週水曜日(祝日の場合は営業いたします)

JR元町駅西口をでて南に下って徒歩1分です。

少し長いですが(笑)当店の自己紹介です。

お店情報

ABOUTこの記事をかいた人

現在は次のステージに向けて準備中。前職はアウトドアショップの店長。その前はホテルマンで中国茶ソムリエ。埼玉県川口市出身。2人の息子がいます。カレーと天下一品のラーメン、甘いものが好き。