ビジネスにも通ずるものがあると感じた山岳小説「八甲田山死の彷徨」

ひな祭りですね。
こんにちは。神戸元元町のアウトドアショップSITTING BULLの店長とーるです!


先日、新田次郎著「八甲田山死の彷徨」を読み終えました。。雪山での大遭難。過酷な大自然の中での描写には心がずーーンと重くなりました。大遭難の描写もさることながらビジネスにも通ずるものがあるなーーってこと。

ちなみに「八甲田山死の彷徨」は青森県八甲田山における山岳遭難事故(八甲田雪中行軍遭難事件)を題材として新田次郎が執筆した山岳小説です。あらすじとしては日露戦争の前、軍事訓練の一環として行われた真冬の八甲田山の雪中行軍。青森5連隊と弘前31連隊の2つの隊がそれぞれ青森、弘前を出発し途中ですれ違おう!と誓ったけど叶わず。青森5連隊は210名中199名の死者をだし、弘前31連隊は11日間にわたる全行程を踏破します。過酷な自然と人間模様が描かれている長編小説です。

ビジネスにも通ずるものがある「八甲田山死の彷徨」

過酷な雪の八甲田山を踏破するには事前準備を怠ってはいけません。それはあたかも、目まぐるしく変わるビジネスの世界を渡り歩いていくことに通ずるものがあるなーーって。

弘前31連隊が雪中行軍を成功させた理由

弘前から11日間をかけて210キロを踏破した徳島大尉が率いる弘前第31連隊。その偉業をなしとげた理由は、ざっくりいえば事前準備をしっかりし、頼るものは頼ったからではないかなと。。

〇事前準備で下調べをし、八甲田山の怖さを知り、装備、指揮系統にこだわった弘前31連隊の徳島大尉。

〇ルートを入念に調べ、雪中行軍に参加する者に条件(行軍の一部を道案内できる。雪山に精通している。身長五尺三寸以上)をつけ装備にもこだわった。

〇雪山においてはひとりでもけが人や病人がでると隊にとって重荷になることも知っていた。

〇その道に詳しい案内人をたて、夜は民宿にたよる。

〇小隊編成にし少数精鋭にする

〇装備はできるだけ軽くして物資などはひとまとめに持つことはしなかった。必要物資も行く先々で買い求めた。

〇握り飯や水筒を凍らせない工夫、疲れにくい歩き方、凍傷予防の方法のシェアなどができていた。

〇装備も耳あて、襟巻などは今度の雪中行軍のために準備。

〇案内人が餅を焼いて腹巻に入れてる体を冷やさず餅も凍ることがないと知るやいなや、隊員全員に同じようにすことを命じたり、いいと思うものはすぐに取り入れた。

青森第5連隊が遭難し多くの犠牲者をだした理由

リーダーが2人いるとうまくいかない。このことが大きかったのではと個人的には思ってしまいます。。

〇弘前第31連隊と同じ小隊だと個性が出ないだろうと、中隊編成で臨む。荷物も多く橇(そり)も14台。

〇八甲田山に関しての的確な情報やきびしさなどをシェアできていなかった。隊員たちは雪中行軍を楽観視していた。

〇雪中行軍を任される神田大尉の上司にあたる山田少佐も監査役として同行。ところが指揮権をもたないはずの山田少佐も途中から指示をしたりして指揮系統が崩れる。

〇案内人なし

〇貧弱な装備、また知識も欠落していたため握り飯や水筒の水も凍っていたりした。

〇神田大尉と山田少佐の意見の相違しがあちこちに。動けなくなった隊は露営して夜を明かすことにしたが、山田少佐が神田大尉の意見を聞かず真夜中に出発の命令をくだす。

2つの隊を通して思うこと

大きな部隊の青森第5連隊。神田大尉の中間管理職の悲哀のようなものを感じずにはいられません。。しっかりとしたゴールイメージを描きながらも、山田少佐に自分の意見は通らず違う方向へ向かってしまい、死の行軍となってしまった。。過酷な雪山描写もさることながら、このような組織の中での人間関係の葛藤を凄く感じました。

事前準備。隊の大きさ。甘えるところは甘えて自分を過信しない。。など色々とヒントになることがいっぱいです。

雪中行軍のリアルな装備

あとこの作品で心に突き刺さることはすさまじい雪山という大自然の中での装備などの描写です。アウトドアショップですのでそこは気になるところ。ツイッターに気になるところはまとめたのでここでも紹介しますね。

以前に僕も八甲田山へ行きました。マイナス20度で吹雪。寒かったけどなんとかその場に入れたのは進化したアウトドアウェアのおかげ。雪中行軍の当時にメリノウールのベース、フリース、ダウン、完全防水のハードシェル、完全防水の登山靴、保温性の高い手袋、ネックウォーマー、ウールの靴下。。。などがあったら、、なんて思ってしまいます。現代になってアウトドアウェアは進化し、過酷な環境下でもリスクを減らして遊べるようになりました。とってもありがたいことですね。

雪中行軍のときにこのハードシェルがあったらと・・・・・

雪山にも夏山にも!完全防水のしっかりめのゴアッテックスジャケット! NORRONA falketind Gore-tex Jacket

一番下にはメリノウールを装備してたら。。ってね。

薄手のベースレイヤーと下着が入荷しましたよ!

冷え性女子にメリノウールをオススメする理由

アウトドアウェアの進化のおかげで過酷な環境下でステキな景色に出会うことが出来るんですね。。。。

【お知らせ】
3月5日(火)、6日(水)は臨時休業とさせて頂きます。
2月27日(水)~3月6日(水)まで2階カフェバーはお休みです。
どうぞよろしくお願いします。

とにかく冷える人が多い。。体の中から外から温める方法。

アウトドアショップでできる温活。

寒さ対策に絶対の自信!メリノウール腹巻が発売となりました!

冷えに悩む女性の皆さん、メリノウール腹巻はいかがでしょう?

オンラインショップBASEにもアップしました!

電話やメールで聞く事でもないな――という事なんかを気軽に聞くのはLINEが便利です。内容は他の方には公開されることはないのでご安心を。必要に応じて解除やブロックも出来ます。ときおりメッセージなどで情報が配信されまーす。

各SNSのフォローもよろしくおねがいします!こちらの方がブログより発信はマメです。
と~るインスタグラム→ sittingbull_kobe
と~るtwitter→ @gachi1127
そしてこのブログもね。→と~るブログ

─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
【神戸元町・シッティングブル】
〒650-0022
神戸市中央区元町通2丁目5-7
TEL/FAX 078-334-6345
OPEN: 11:00-20:00
CLOSE:毎週水曜日(祝日の場合は営業いたします)

JR元町駅西口をでて南に下って徒歩1分です。

少し長いですが(笑)当店の自己紹介です。

神戸元町にあるレディースのアウトドアセレクトショップSITTING BULLです。

The following two tabs change content below.

と~る(布施徹)

神戸元町にあるアウトドアショップSITTING BULLの店長です。山と人が繋がるような・・そんなお店を目指しています。前職はホテルマンで中国茶ソムリエです。埼玉県川口市出身。2人の息子がいます。カレーと天下一品のラーメンが好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神戸元町にあるアウトドアショップSITTING BULLの店長です。山と人が繋がるような・・そんなお店を目指しています。前職はホテルマンで中国茶ソムリエです。埼玉県川口市出身。2人の息子がいます。カレーと天下一品のラーメンが好き。