山歩きは健康な足から。。驚異のソール、SUPERfeet(スーパーフィート)のお取り扱いを始めました。

お店で写真を撮らせてもらっていいですかー?なんて聞くことがあります。だってすごい似合っているから。
でもこれ、結構勇気がいります(笑)慣れている人は別ですけどね。なので、写真を撮られてもいいよって方は言ってくれると助かります。意外と引っ込み思案なので(笑)

こんばんは。神戸元町のアウトドアショップSITTING BULLの店長と~るです!

ポカポカ陽気で山登りを始めたり、再開したりするのにいい季節になりました。
実際、どこどこの山にに行ってきたよーーー!なんて声も聞くようになってきました。
春ですね。楽しんでいきましょうーーーー!

そうそう、その一方で膝が痛いとか、腰が痛いとか、足のトラブルを訴える方々が増えてるなーーってのも感じているんです。そんな人たちの不安を少しでも取り除けたらいいなーと思ってこの春から驚異のインソール、SUPERfeet(スーパーフィート)のお取り扱いを始めました。靴の中敷きで5000円ちょっと。でもずっと付き合っていく体だからこそ、そこは大切にしなきゃ。

体のケア、一緒にしていきませんか?

今日のブログはSUPERfeet(スーパーフィート)のHPからの引用です。
時々、難しい言葉などがでてきますが、そういったことは今後かみ砕いていきますね。まずは読んでみてください(笑)

スーパーフィートインソールの機能的デザイン

スーパーフィートインソールの形状とその機能的デザインは足病医学に基づく理論背景をベースに、アメリカ国内外で40件にものぼる特許を取得しています。

足を適正にサポートするための三次元の立体構造は、足を包み込む深くて丈夫な構造のヒールカップ(特許取得)、超高密度のフォーム素材を使ったトップシートなどで構成されています。

また、この構造は、足元を安定させ、歩行や運動時に「足」本来の機能が発揮できるようにサポートし、シューズの履き心地を改善します。

スーパーフィートインソールの特徴、3つのポイント

1 深くて頑丈なヒールカップ(特許取得)

かかとの脂肪層を包み込み足本来の衝撃吸収機能を最大限に引き出します。

2 後足部サポート形状(特許取得)

スーパーフィートインソールは、かかと周り(後足部)を機能的にサポートし、足本来の動きを作り出します。アーチではなく、内くるぶしの下あたり(載距突起と呼ばれるかかとの骨の一部)にサポート感があることが大きな特徴です。

3 足骨格のねじれ補正(特許取得)

高密度フォームで作られたトップシートと硬質スタビライザーが、足骨格の不要なねじれを補正し、安定した足の機能を導き出します。スーパーフィートインソールの持つ大きな特徴の一つです。

スーパーフィートインソールとバイオメカニクス

「バイオメカニクス=生体構造力学」とは

筋肉、骨、靭帯、腱など、人間の体を構成する組織がどのように働くことによって、我々人間は動いているのか?また、重力をはじめとした地球に住んでいる以上避けては通れない、自然の力とどのようにかかわりあって動いているのか?を探求する学問です。

スーパーフィートインソールは、足が持つ本来の機能を導き出すために「下肢バイオメカニクス」に裏付けられた、正しい理論背景を基に設計されています。

スーパーフィートインソールと後足部サポート

足を3つの部位に分けて解説します。

1 前足部=つま先

2 中足部=足の甲あたり

3 後足部=かかと周り

スーパーフィートインソールはアーチなどを直接的に持ち上げるのではなく、主に後足部の機能をサポートしています。

なぜなら、立っている時、歩いている時、そして走っている時も、足や下半身の動きを作る起点となる関節がかかと周り(後足部)にあるからです。

かかと周りの関節群はアーチの高さや足の指の働きそしてスネの向きや傾きまでもコントロールする、トルクコンバーター(力の変換機)という役割を担っています。

足の主要関節の働きとスーパーフィートインソール

足が本来の仕事をより効果的に果たすためには、足にある主要な関節が最大限にその能力を発揮しなければなりません。足の機能において重要な関節とその主な役割を紹介します。

1 第1MP関節=親指の付け根の関節

歩行や様々な運動において、この関節がスムースに曲がることによって足の効率的な推進機能を作り出します。(このしくみが機能するには、2の横足根関節が安定した状態で足裏のアーチがしっかりと作られる必要があります。)

2 MTJ(横足根関節)=足の甲の付け根にある関節

この関節がしっかりとかみ合うことで足裏の強固なアーチ構造を作り出し全身を支える安定した足となります。この機能をMTJのロックシステムといいます。

3 STJ(距骨下関節)=かかとの関節

接地するときに、この関節が開くように動くことで2のMTJ(横足根関節)が緩みアーチをたわませることで衝撃を吸収します。また、この関節が閉じるように動くことで2の横足根関節のロックシステムを呼び起こし、しっかりと安定した足を作ります。

柔らかい足(回内=プロネーション)と

硬い足(回外=サピネーション)

足は相反する2つの状態を繰り返しながら機能します。

柔らかい足(回内=プロネーション・Pronating Foot)

接地するとき、足はアーチをたわませ、つま先も広がります。 こうすることで、地面に打ち付けられる衝撃を吸収します。

硬い足(回外=サピネーション・Supinating Foot)

足裏が地面についた直後から、足のアーチは高くなり剛性の強い硬い足に変化していきます。
このとき足は頑丈なレバーのように働くことで(テコの原理)軽やかな蹴りだしを可能にします。

*しかし、多くの現代人は柔らかい足から硬い足に切り替われない「過剰回内=オーバープロネーション」という足の問題を抱えています。過剰回内=オーバープロネーションは様々な足のトラブルを誘発します。

スーパーフィートインソールの役割

人は接地するときには足に体重の3~5倍の衝撃が加わります。また、一日で8000歩、多い人は13,000歩も歩くといわれています。つまり、その数だけ衝撃が加わり続けるということなのです。
本来、足には衝撃を推進力に変換する機能を持っているのですが、「過剰回内=オーバープロネーション」の状態では、足本来の機能を十分に発揮することができません。また、この状態は様々な足や身体のトラブルを誘発してしまいます。

スーパーフィートインソールは足本来の効率的な動きを取り戻すために、現代人の深刻な足の問題「過剰回内=オーバープロネーション」を改善します。その機能的な足元へのサポートは様々な足のトラブルからあなたを守ります。




読みました??ちょっと難しい言葉もありますが、ほとんどの人がオーバープロネーション。かかとがふらふらしていてそれで安定して歩いたり立てたりができなくなっています。このブログでもかみ砕いて色々ご紹介していきますね。。
ではでは、健康でステキな山ライフを送っていきましょう!

お店は春の新作が続々入荷中です!

えっ?!こんなの置いてたの?と言われることが多々あったので、もう一度店内の様子を。

【新作情報】
おかげさまで大人気のKAOのショーラー楽々美脚パンツ。当店のオリジナル商品。まさかこんなに早くこのセリフを言うとは思いませんでしたがチャコールグレーのLサイズは完売しました!本当に皆様のご来店ありがとうございます!!サイズや色によっては品薄になりつつあります。気になる方はお早めに!

山でも街でも仕事でも履きたい!日本のアウトドア美脚パンツ▲KAO ショーラ―楽々サルエル美脚パンツ

そしてご要望があったネット通販。こちらにもアップしました!でもお近くの方は是非店頭でサイズ感をお確かめてくださいね!

オシャレは足元から。
山登りも足元から。

北アルプスから六甲山まで・・汎用性のあるトレッキングシューズが入荷しました!

今日、NORRONA(ノローナ)が何点か入荷してきました!冬の行動着として、夏の保温着として。ザックに忍ばせておきたいポーラテックアルファが入荷!これ、超絶オススメ!何点かご予約を頂いています。店頭にはあと数点です。(XSサイズは完売しました、Sサイズ、Mサイズ、それとメンズSサイズが1点ずつとなりました。)

【春の新作紹介vol.2】脱いだり着たりしたくない。ずっと着っぱなしでいけるウェア。NORRONA falketind alpha60jacket

─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

【神戸元町・シッティングブル】
〒650-0022
神戸市中央区元町通2丁目5-7
TEL/FAX 078-334-6345
OPEN: 11:00-20:00
CLOSE:毎週水曜日(祝日の場合は営業いたします)

▲商品のことはオンラインショップBASEにて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です