意外と知られていない、肩も腰も鎖骨も痛くならないリュックの背負い方

ストレッチが効いててとっても履きやすいクライミングパンツ。
でも見た目はまるでデニム。機能的にしっかりしてるのもアウトドアウェアの特徴ですが
新しいものを身に着けると単純に嬉しい気持ちになるのが最大の機能性と思う今日この頃・・

そんなことを思っている神戸元町のアウトドアショップSITTING BULLの店長と~るです。

今日はお店でこんな出来事が・・・・

「リュック背負ってるといつも気合が必要ですよね。鎖骨の辺りが痛くなりますよね。。重い荷物を入れたらそうなりますよね?」
・・・ってそんなことないよーーー!
よくよく聞くと周りでもリュックを背負うと腰が痛いとか、首がーーとか、肩が痛いとか、背中が痛いとか・・
結構、不調を訴えている人が多いようです。

次に実際にどんな風に背負っているか見せてもらうと・・
なるほど、背負い方が間違っていて体に負担をかけてしまっているってのが分かりました。
軽めのリュックならそんなに気を使うことはないですが30ℓを超えてくると
しっかり背負わないといけません。

ということで今日はどこも痛くならないリュックの背負い方をお伝えしますね。。

どこも痛くならないリュックの背負い方

 

1、まずは全てのストラップを緩めます。

2、ウエストベルト(腰ベルト)を腰にあわせて(腰に乗るような感じで)締めます。
イメージとしては腰で全体の6割くらいの重さを抱える感じです。ここ重要ね。

3、ショルダーベルトを軽く締めます。

4、チェストベルト(胸ベルト)を締めます。そんなにきつく締めなくていいですよ。

5、肩ベルトを引っ張ります。そうすると重心が近づきます。軽く感じます。

6、もう一度ショルダーベルトを締めてリュックを安定させます。

7、ジャーーーン!完成です!!

ちょっとの知識とコツさえつかんでしまえばリュックの背負い方は意外と簡単です。
あとは女性は特に気を付けないといけないのは小柄な方や胸のある方などは
やはり女性用リュックがオススメ。ほとんどのリュックは男女兼用なので
合う人、合わない人が出てきます。わかならいことはお気軽に聞いてくださいね!

ちなみに女性用リュックが女性にいい理由も
チェックしてみて!

女性用リュックが女性にオススメな理由。

ちなみに当店には女性用のリュックがありますよ!

リュックが正しく背負えたらどこも痛くなることがないし、
もっと景色を楽しんだり余裕がうまれてもっともっと山登りがたのしくなること間違いないです!!

【神戸元町・シッティングブル】
〒650-0022
神戸市中央区元町通2丁目5-7
TEL/FAX 078-334-6345
OPEN: 11:00-20:00
CLOSE:毎週水曜日(祝日の場合は営業いたします)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です