プロフィール

神戸元町のアウトドアショップSITTING BULLの店長のと~るです。
神戸には六甲山が近くにあってそこでよく遊んでいます。
今は家族でまったりとした山遊びをすることが多いです。

山登りの楽しさ、山道具の面白さ、お店のことなどを発信していこうと思います。

1977年4月生まれ。埼玉県出身。
以前にオーストラリアのタスマニアに留学経験あり。
前職はホテルマン。中国茶の資格、評茶員を取得。

とにかく遊びまくっていた大学時代


もともと僕は埼玉の出身で大学は渋谷の先にある東京の大学に通っていました。まーーー、とにかく毎日のように飲みまくっていた思い出があります。渋谷や友達の家、先輩の家などで毎日のように飲んでいた。この頃は毎日が楽しかったのでとくに遠くへ旅するわけでもなく旅行するわけでもなくとにかく遊びまくっていましたね。。

そんなある時、大学時代の思い出って作れてるのかなーー。何も残していないなーーと思って、夏休みを利用して伊豆のペンションへ住み込みバイトへ行きました。このときの理由が不純。当時やっていたドラマの影響を受けてです(笑)このドラマ知ってるかな?めっちゃかっこよくてね。。もう絶対海のあるペンションへ行きたいって思ったんです(笑)

だから、この頃はとにかく上半身脱いでたもんね(笑)
ペンション住み込みバイトは2か月弱。あーー忘れていたけどこの頃の思い出はいっぱい。
その時のペンションのオーナーの言葉を思い出しました。

「俺たちはここに来る人たちの思い出を作るのがしごとなんだ・・」
今に通ずるものがあるよなーーと。。

大学時代に初めての富士登山

まー、そんな大学時代だったけど友達と2人で初めて富士山に挑戦したんです。

山の知識も何もなかった大学時代。この時の装備はひどかった。。ジーパンをはいてたし、コットンのTシャツにトレーナ。今だったらお客さんに「絶対こんな格好で山へ行っちゃだめだよ!死ぬから!」っていう格好。でもこの時の経験があるから絶対だめだよって言えるんだけどね。

もーーとにかく寒い。寒い。寒い。冷たい。痛い。寒い。そして最悪なことに登ってる途中に腰に巻いてたトレーナーを落とすっていう。。なので一緒に行った友人に服を借りるっていう。。でね。山ってその人の本性が見える場所でもあるの。ほんとの優しさとか人間の本性というかね。それは極限に近ければ近いほど感じ取れる。人の本能、景色のすばらしさ、なんだろうね、手前味噌だけど本能に帰る。動物に戻るっていうかね。この感覚、しばらく味わってないな。もう少しハードな山登りをしたくなってきたぞーー。

ほんと初めての富士山登山はなかなかにハード。装備不足。経験不足。とにかく根性と体力だけで登った感じだね。そうこうしてなんとかかんとか頂上まで登れたんだよね。その時の景色は忘れられない。日本で一番高い場所にいるんだ!っていう高揚感と雲の上から上がってくる太陽の暖かさと優しさ、力強さ。しんどかったけど山登りって楽しい!って思えた瞬間。

山の楽しみ、辛さ、なんともいえない高揚感、色々な感情は湧き出るあの感覚。。。あれ、あの時泣いたんだっけ?

The following two tabs change content below.

と~る(布施徹)

神戸元町にあるアウトドアショップSITTING BULLの店長です。山と人が繋がるような・・そんなお店を目指しています。前職はホテルマンで中国茶ソムリエです。埼玉県川口市出身。2人の息子がいます。カレーと天下一品のラーメンが好き。